庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
大切な子へのプレゼントに。【お子様の名前入り】はらぺこあおむしのバスタオル。
岩波少年文庫 オタバリの少年探偵たち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

岩波少年文庫 オタバリの少年探偵たち

  • 児童書
作: セシル・デイ・ルイス
訳: 脇 明子
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥680 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年09月
ISBN: 9784001141559

小学5.6年から
小B6判・並製・カバー・262頁

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

第二次大戦直後のイギリスのオタバリ市で,戦争ごっこにあけくれる少年たちの物語.ある日,みんなでかせいだお金が消え,テッドに疑いがかかります.テッドの無実を信じる数人のなかまは,真犯人を見つけてお金をとりもどそうと,探偵活動をします.ところが,いつのまにか,悪党一味の大犯罪があきらかになり…….

ベストレビュー

親子で満足

わが家では、長い物語に関しては未だに読み聞かせをしています。

三月にこの本の訳者である脇明子さんの講演会をお聞きする機会があり、読み聞かせにも向くというこの本を読む機会をずっとねらっていました。

テッドに疑いがかかり、それでもテッドを信じるという仲間たちの団結あたりからさらに物語に惹きつけられていき、大人である私もこの先はどうなるんだろう?と、夢中になっていきました。

息子はというと、元気のいい男の子たちにとても親近感を覚えたようで、毎日のように「オタバリ」とリクエストをしてきました。

登場人物の少年たちがとても生き生きと描かれているし、後半の展開も臨場感があり、アーディゾーニの挿絵もとてもいいと思います。

こういう本を親子で一緒に読みたいし、手渡していきたいなあって思いました。

さすがに岩波少年文庫です。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


脇 明子さんのその他の作品

岩波少年文庫 北風のうしろの国(上) / 岩波少年文庫 北風のうしろの国(下) / 蛙となれよ冷し瓜 一茶の人生と俳句 / 読む力が未来をひらく / ノウサギとハリネズミ / 岩波少年文庫 小公女



世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

岩波少年文庫 オタバリの少年探偵たち

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

ママの声 1人

ママの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット