うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
ねんねんねむのき
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ねんねんねむのき

  • 絵本
作・絵: やなせ たかし
出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!

本体価格: ¥900 +税

「ねんねんねむのき」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1998年03月
ISBN: 9784577018613

4歳から
22×16cm 48ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

小さなお話5つを集めました。
眠れない夜に読んだり、読んであげたりしたい静かで楽しいお話集です。

ベストレビュー

そらとぶベビーカー、乗ってみたいです

「ねむのき」は、眠れない赤ちゃんにこもりうたを歌ってくれる木。
ねむねむおじさんが、空飛ぶベビーカーで連れて行ってくれます。
ひとしきり遊び、赤ちゃんが眠ると、ねむねむおじさんがおうちまで送ります。
そして朝になると、ねむのきとねむねむおじさんは仲良くベッドで眠ります。

タイトルの「ねんねんねむのき」で分かるとおり、やわらかな作風と画風の、おやすみ前にピッタリの絵本です。
お話が5話収録されているので、1冊じゃ物足りずに「もっともっと」とおねだりするお子さんには、丁度よいかもしれません。
我が家の息子も、この絵本だと「一冊だけ」というお約束をちゃんと守ります。

同じシリーズの「ねむねむおじさん」もそうですが、アニメでなく原作者直筆の絵なので、馴染みがないかもしれません。
でも「おふとんのなかでよんでもらうアンパンマンのえほんをつくってみようとおもった」という原作者の言葉どおり、本当にこもりうたのような、あたたかみのある絵本です。
一味違ったアンパンマンストーリー。とてもオススメです。
(うみゑさん 30代・ママ 男の子4歳、男の子0歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

やなせ たかしさんのその他の作品

だれも知らないアンパンマン やなせたかし初期作品集 / アンパンマン ミニキャラずかん (2)ばいきんまんと なかまたち / アンパンマン ミニキャラずかん (1) アンパンマンと なかまたち / しょくぱんまんとパジャマン / どうぶつなかよし / アンパンマンダイアリー2017 イエロー



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

ねんねんねむのき

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.09

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット