あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
クリスマスがきたよ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

クリスマスがきたよ

  • 絵本
作: 山元眞
絵: 森津 和嘉子
出版社: 女子パウロ会

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「クリスマスがきたよ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2002年10月
ISBN: 9784789605540

幼稚園年中(4歳)以上向け
26cm×23cm 24ページ

出版社からの紹介

クリスマスはカレンダーの上では12月25日となっていますが、毎日がクリスマスということもできるでしょう。救い主がわたしたちの心の中に生まれ、ともに生き、生かしてくださっていることに気づくとき、その時がその人にとってクリスマスなのですから。
この絵本は2000年前のクリスマスの物語です。最後のページは今も生まれつづけている救い主の誕生について考えていただくために、つけ加えたものです。
みなさんのクリスマスはいつなのでしょう。

ベストレビュー

クリスマスのこと教えました。

 クリスマスが近いので、クリスマスのことを教えてあげようとこの本を読みました。

 ちょうど、弟が出来たばかりの娘なので、赤ちゃんが生まれたことと、絵本の中の話と、ダブらせるように聞いていました。

 イエス様のことがわかるのは、まだ早かったようですが。
 クリスマスは、大切な人が産まれたひなんだよ。ということが判ったようです。

 命の誕生は、すばらしいものです。
 このことは、もっと、子供に真剣にこれから教えて今ないといけないことなんだろうと思います。

 イラストが、ほんわかしているソフトタッチなので、読んでいても、心にすんなりと入っていきました。
(さきままんさん 30代・ママ 女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。
  • だれのあしあと
    だれのあしあとの試し読みができます!
    だれのあしあと
    作・絵:accototo ふくだとしお+あきこ 出版社:大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
    雪のうえのあしあと、だれのかな? 冬のあてっこ遊び絵本

森津 和嘉子さんのその他の作品

ねむりひめ / 子猫の気持ちは? / まいごのこねことふしぎないえ / 月にとんだ猫 / やさしいかぜにさそわれて



『おふくさん』 服部美法さん インタビュー

クリスマスがきたよ

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット