宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
みんなの聖書絵本シリーズ 11 ダニエルのなぞとき
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

みんなの聖書絵本シリーズ 11 ダニエルのなぞとき

  • 絵本
作: 日本聖書協会
絵: 藤本 四郎
出版社: 日本聖書協会

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥952 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2009年02月
ISBN: 9784820242406

天地250mm×210mm・上製本      オールカラー

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

火に投げ込まれてもライオンの穴に入れられても、
ダニエルと仲間たちは神さまの教えに従い続けます。
ダニエルのなぞときがバビロン王の気持ちを変えていきます。

ベストレビュー

期待した謎解きではなかったけど・・・

旧約聖書勉強中の8歳の息子と一緒に読みました。

バビロンに連れて行かれたダニエルとその仲間たち。
とらわれの身においても、神様を信じ続けたダニエルは、
王様の見た夢を解き、
ライオンの檻に入れられても生き延びて、
バビロニアの人たちを、まことの神への信仰へと導きます。

という内容は分かったのですが、
なにが、「なぞとき」なのかはよく分からず・・・。
謎は、解いてない気がするけど、
旧約聖書のダニエルに、一休さんなみのトンチ披露を期待した私が
いけなかったのかもしれません。

巻末の解説では、
この時代は囚人をライオンの檻に入れる処刑方法が本当にあったとの
記載が!
思わずゾッとしました。
助かったダニエルは本当に奇跡ですね!
(ムスカンさん 30代・ママ 男の子8歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


日本聖書協会さんのその他の作品

みんなの聖書絵本シリーズ 34 ソロモン王のちえ / みんなの聖書絵本シリーズ 31 あなたについていきます / みんなの聖書絵本シリーズ 30 神さまの国〜イエスさまのたとえ話〜 / みんなの聖書絵本シリーズ 29 エリコのかべ / みんなの聖書絵本シリーズ 28 ザアカイと金もちの若者 / みんなの聖書絵本シリーズ 27 大臣になったヨセフ

藤本 四郎さんのその他の作品

紙芝居 たこたこおさんぽ / 紙芝居 ぼくはきゅうじょ犬! / あの日とおなじ空 / サーカスさっちゃん / とかげさんちのおひっこし / 紙芝居 あとかくしの雪



みごたえ満点!船の断面図絵本『ペンギンクルーズ』のはなはるかさんインタビュー

みんなの聖書絵本シリーズ 11 ダニエルのなぞとき

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット