ねがえり ごろん ねがえり ごろん ねがえり ごろんの試し読みができます!
作: 斉藤 洋 絵: ミスミヨシコ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ねがえり、できたかな?
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
ゴロジ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ゴロジ

作: 戸田 和代
絵: 石倉 欣二
出版社: 学研 学研の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

「ゴロジ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年05月
ISBN: 9784052030949

B5変型 48頁

出版社からの紹介

ずっと家族のように暮らしてきたねこのゴロジ。ぼくの家族が引越すことになったある日、ゴロジがきえた。ぼくたちに、あいさつもなく。ゴロジが見つからないまま引越しの時が近づいて・・・。「ぼく」のゴロジへの想いがあふれる、心温まる1冊。

ベストレビュー

ネコの気遣い

切ないけれどちょとうれしくもあるネコのお話です。

引越しをすることになったぼくの家にはゴロジという名前のネコがいます。
ところが引越し先の社宅はペット禁止・・・ゴロジは一体どうなるでしょう。

正直、真面目なことを言うとこの設定に憤りを感じずに入られませんでした。
ネコを家族の一員として思っているのであれば、ペットOKの場所を見つけるべきだし、育てられないのであれば信頼できる里親さんを探す義務があると思うのです。
子どもにあやふやなことを言いながら期待を持たせている父親の態度に、どうしても納得がいきませんでした。

でもこのお話の主題はそこにはありません。
このネコのゴロジの優しさ、ネコの不思議さがテーマです。(だと思います)

動物が気を遣うことってあると思いますか?
我が家では犬を飼っていますが、悲しんでいるときや落ち込んでいるとき、いつもとは違っておとなしくただそっと寄り添ってくる犬に、人の気持ちが分かる何かがあるのだと感じることがあります。
人の心を温かくさせてくれる動物の優しさ。
それを感じることのできるお話です。
(こりえ♪さん 30代・ママ 女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

戸田 和代さんのその他の作品

たまごさんがころんだ! / はじめてよむこわ〜い話(5) おしいれのひとりぼっちおばけ / バスガエル / こわがりやのしょうぼうしゃううくん / ぽっつんとととはあめのおと / ねむくまのうた

石倉 欣二さんのその他の作品

のんちゃんと白鳥 / 海をわたった折り鶴 / 松谷みよ子 おはなし集4 / 紙芝居 いったんもめん / ねこのゴンサ / かくれ森の木



こどもに大人気!のりもの・はたらくくるまが大集合

ゴロジ

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット