ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
【迷ったらこれ!】おさるのジョージセット(ギフトラッピング込み)
こぎつねルーファスのぼうけん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

こぎつねルーファスのぼうけん

作: アリソン・アトリー
絵: キャサリン・ウィグルズワース
訳: 石井 桃子
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

「こぎつねルーファスのぼうけん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1979年3月
ISBN: 9784001159615

小学2.3年以上
A5判 86頁

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

みなし子のこぎつねルーファスは,アナグマさん一家といっしょに森で暮すことになりましたが,持ち前の好奇心を発揮して,あぶないめにあってばかり.無邪気でユーモラスなこぎつねのほほえましい冒険談.

ベストレビュー

子どもたちのファンタジー

 小さいこぎつねルーファスが、大好きな「きけん」を求めて巻き起こす冒険物語。細かく書かれた景色や動物たちの描写や、子どもの冒険心を見事にとらえた、子どものためのファンタジー。昔から読み継がれているだけあって、内容も挿絵もどれをとっても素晴らしいです。
 
 ちょうどいい長さのお話が、二つ入っています。こわいおじさんきつねを、機転を利かせてまんまと出し抜くところが痛快です。白鳥の魔法の冠や、月のきれはしを釣ったり、水の精など不思議好きの子どもは、一気に読んでしまいました。

 男の子が読んでも、女の子が読んでも、楽しめる幼年童話だと思います。
我が家の子どもは、聞きなれない本に出てくる鳥を、図鑑で調べていました。
(やっちょとやまちゃんさん 30代・ママ 男の子8歳、男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


アリソン・アトリーさんのその他の作品

おめでたこぶた その3 サムのおしごと / ちゃいろいつつみ紙のはなし / おめでたこぶた その2 サム、風をつかまえる / クリスマスのりんご / おめでたこぶた その1 四ひきのこぶたとアナグマのお話 / 月あかりのおはなし集 続 月あかりのおはなし集

石井 桃子さんのその他の作品

イーヨーのあたらしいうち / プーのはちみつとり / プー あそびをはつめいする / 子どもに歯ごたえのある本を / ことらちゃんの冒険 / 福音館文庫 山のトムさん ほか一篇



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

こぎつねルーファスのぼうけん

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット