しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
みなまた海のこえ 記録のえほん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

みなまた海のこえ 記録のえほん

作: 石牟礼道子
絵: 丸木 俊 丸木 位里
出版社: 小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

「苦海浄土」の作者と「水俣の図」の画家の協力で生まれた絵本。不知火海に死んでいった生きものたちの声が、読む人の心を打ちます。第32回小学館絵画賞。

ベストレビュー

水俣病を 伝える大切さ

しゅりりえんえん 
しゅりりえんえん     つらい世界からの 呪文とのことです

この絵本に出てくる きつねの おぎん  
村に住んでいる 黒ベコたぬきや ちょうちょたち トンビ サルたちと共生して 生きていた人間
海に生きる 魚たち 春の海に桜色した 鯛  美しいな〜
そんな平和な暮らしだったのが  ある時 チッソの会社が来て 
きつねの こんこんたろうが死んだ 
時代が変わり チッソの工場が どんどん 発展すると
動物たちが自然に暮らしていたのが・・・・
人間の赤ちゃんが死んだ 
神様に聞いた   わたしは何も悪いことはしていません
それなのに どんどん人が死んでいく
水俣病   有機水銀が原因で 魚や貝が汚染され それを食べた人間も又死んでいった

恐ろしいなあ〜

人間が作ったチッソの会社が 豊かな自然を滅ぼした 

なんとも悲しいことです

水俣病で苦しんでいる人が 今なおいるのだと言うことを
伝えていかなければと思います

しゅりりえんえん  しゅりりえんえん  呪の声が聞こえてきます

この絵本は 丸木俊さんと 位里さんの絵が素晴らしいいです
 
(にぎりすしさん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


石牟礼道子さんのその他の作品

水はみどろの宮 / 福音館文庫 あやとりの記

丸木 俊さんのその他の作品

ロシアのわらべうた / いのちの花 / ねずみのくれたふくべっこ / 英日CD付 英語絵本 うみのがくたい The Ocean-Going Orchestra / どんぶらこっこ すっこっこ / とうろうながし

丸木 位里さんのその他の作品

おきなわ島のこえ



お子さんと一緒にお鼻のしくみを考えてみませんか?

みなまた海のこえ 記録のえほん

みんなの声(3人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット