ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
【クリスマスプレゼントに】年齢・お値段ごとに、沢山のギフトセットをご用意してます♪
ヤクーバとライオン(1)勇気
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ヤクーバとライオン(1)勇気

  • 絵本
作・絵: ティエリー・デデュー
訳: 柳田邦男
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

「ヤクーバとライオン(1)勇気」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

絵本クラブ
発行日: 2008年03月
ISBN: 9784062830126

ページ数:32

12歳〜 編集部おすすめ

関連するスペシャルコンテンツ


翻訳絵本についてインタビューしました!

出版社からの紹介

「戦わない」という、勇気。
アフリカの少年ヤクーバは、一人前の戦士としての勇気を示すため、ライオンを倒しに出かける。しかしそこで出会ったのは、瀕死のライオンだった・・・。

「殺された側は報復のために相手を殺す。終わりのない報復の殺し合いが続いていく。その悪循環を断ち切るにはどうすればよいのか。日本の社会に目を向けると、いじめられた子が復讐の事件を起こす。虐待された子がやがて虐待する側にまわる。これも同じ悪循環だ。もうひとつの道――『殺さないことだ』という、ライオンの問いかけは重い。」――柳田邦男

ベストレビュー

究極の選択

発行された年から毎年、6年生全クラスで読んでいます。

最初は、表紙からして見慣れないアフリカ人の少年の絵、村の人たちがたくさん出るシーンなどでひそかな笑いがおきることもありました。

これはもともとのクラスの雰囲気とか、その朝の様子によるので必ずではありません。

今日読んだクラスは、最初から集中していました。

笑いがおきたクラスでも、ヤクーバが狩りに出ると静かになります。

ライオンの問いかけの部分は、身を乗り出して聞く子が出てきます。

傷ついたライオンを仕留めて、村の英雄になるか。殺さないで、気高い心を持った人間として戻り、仲間外れになるか。

こんな究極の選択は、日本の子どもたちには起こらないだろうけど、勇気を出さなくちゃならないことはありますよね。

去年、読み聞かせを聞いたメンバーのお子さんが、家で「深いぃ〜話を聞いたよ」と報告があったと聞きました。

何か心に残ればいいなあと思います。
(きらきら虫さん 40代・ママ 女の子16歳、男の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ティエリー・デデューさんのその他の作品

そらいろ男爵 / ヤクーバとライオン(2)信頼

柳田邦男さんのその他の作品

ぞうさん、どこにいるの? / 100年インタビュー 悲しみは真の人生の始まり / 雨の降る日は考える日にしよう / コルチャック先生 子どもの権利条約の父 / でも、わたし生きていくわ / やめて!



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

ヤクーバとライオン(1)勇気

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.71

何歳のお子さんに読んだ?

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット