おかしなゆきふしぎなこおり おかしなゆきふしぎなこおり
文・写真: 片平 孝  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
冬の日。外へ出かけてみると、雪や氷の、おかしな、ふしぎなかたちが見つかります。きれいで、迫力あふれる冬の写真絵本です。
ヒラP21さん 60代・パパ

雪と氷の芸術作品
雪が作った不思議な造形に見とれてしまい…
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
ボタンのくに
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ボタンのくに

作: なかむら しげお
絵: 西巻 茅子
出版社: こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ボタンのくに」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1967年
ISBN: 9784772100052

3歳から
42ページ 20×21cm

出版社からの紹介

ぬいぐるみのぴょんの目は赤いボタン。ある日そのひとつが取れて、コロコロ転がり、着いたところはボタンの国でした。五つ子の黄色いボタンたちに誘われ、赤いボタンが針山のスキー場ですべって遊んでいると…。

ベストレビュー

西巻さんのデビュー作 針箱の中をのぞいて

ボタン 私の針箱の中にも たくさんあるのです

いらなくなった洋服をほかすとき 何かしら ボタンだけはとって起きたくなるのです
この絵本の中でも いろんな ボタンが出てきますが、ボタンてなにかしら 愛嬌があって かわいいんです
西巻さんの デビュー作の絵本が ボタンの国と知って嬉しくなります

うさぎのぬいぐるみからころんと落ちて転がっていった赤いボタンのお話が おとぎの国のよう

針山のスキー場はおもしろい!
針箱のなかの 道具が いろいろ出てきて 何だか 嬉しくなりますね!

おおきな 裁ちばさみ (今でも 私の針箱で 活躍してます)

うさぎさんは 片方の赤い目が無くて困って ボタンの国のおうさまに手紙を書きます

この手紙の字が なんともいえず おもしろく 微笑ましいですね!

よかったね うさぎさん 赤い目は 二つでないとね

私の母も針箱を大切にしているので なんだか この絵本読むと
裁縫好きの人の優しさが にじみ出てくるように思えました
(にぎりすしさん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


西巻 茅子さんのその他の作品

全集 古田足日子どもの本 限定復刻(3) 古田足日子どもの本 / ケンカオニ / ペンギン ペペコさん だいかつやく / おてて つなごう / 北風ふいてもさむくない / みてよ ぴかぴかランドセル



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

ボタンのくに

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.25

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット