貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
ボタンのくに
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ボタンのくに

作: なかむら しげお
絵: 西巻 茅子
出版社: こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!

在庫あり

物流センター移転に伴う配達遅延のお知らせ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1967年
ISBN: 9784772100052

3歳から
42ページ 20×21cm

関連するスペシャルコンテンツ


『子どものアトリエ 絵本づくりを支えたもの』西巻茅子さんインタビュー

出版社からの紹介

ぬいぐるみのぴょんの目は赤いボタン。ある日そのひとつが取れて、コロコロ転がり、着いたところはボタンの国でした。五つ子の黄色いボタンたちに誘われ、赤いボタンが針山のスキー場ですべって遊んでいると…。

ベストレビュー

西巻さんのデビュー作 針箱の中をのぞいて

ボタン 私の針箱の中にも たくさんあるのです

いらなくなった洋服をほかすとき 何かしら ボタンだけはとって起きたくなるのです
この絵本の中でも いろんな ボタンが出てきますが、ボタンてなにかしら 愛嬌があって かわいいんです
西巻さんの デビュー作の絵本が ボタンの国と知って嬉しくなります

うさぎのぬいぐるみからころんと落ちて転がっていった赤いボタンのお話が おとぎの国のよう

針山のスキー場はおもしろい!
針箱のなかの 道具が いろいろ出てきて 何だか 嬉しくなりますね!

おおきな 裁ちばさみ (今でも 私の針箱で 活躍してます)

うさぎさんは 片方の赤い目が無くて困って ボタンの国のおうさまに手紙を書きます

この手紙の字が なんともいえず おもしろく 微笑ましいですね!

よかったね うさぎさん 赤い目は 二つでないとね

私の母も針箱を大切にしているので なんだか この絵本読むと
裁縫好きの人の優しさが にじみ出てくるように思えました
(にぎりすしさん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。
  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

西巻 茅子さんのその他の作品

子どものアトリエ 絵本づくりを支えたもの / 全集 古田足日子どもの本 限定復刻(3) 古田足日子どもの本 / ケンカオニ / ペンギン ペペコさん だいかつやく / おてて つなごう / 北風ふいてもさむくない



『なくなりそうな 世界のことば』<br>西淑さんインタビュー

ボタンのくに

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.25

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット