貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
2018年の絵本キャラクターカレンダー大集合!「ぐりとぐら」「バムとケロ」「はらぺこあおむし」ほか
みかんちゃん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

みかんちゃん

  • 絵本
作・絵: かわかみ たかこ
出版社: 学研 学研の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

「みかんちゃん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年01月
ISBN: 9784052030970

A4変型・32頁

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

みこちゃんはみかんが大好き。お母さんに「そんなに食べるとみかんになっちゃう」と言われてもやめられません。するとアヒルのがあこが「たいへん、みこちゃんがみかんになった!」。あららみこちゃん、みかんちゃんになっちゃった。さて、元に戻れるかな?

ベストレビュー

ママもみかん好き

孫のママもみかんを食べるのが好きで小さい頃にみかんを30ヶくらい食べたらしくおばあちゃんが心配してたエピソードを想い出して微笑んでいる私です。みかんって美味しくて幾つでも食べれます。今日もママは、みかんを一袋買ってました。今は、みかんが高いので好きなだけは食べないでいると思います。孫もみかんが大好きで、オレンジが給食に出るとご飯を食べないで先にオレンジを食べるので困ります。ママ譲りで先にデザートを食べるようです。みかんちゃんのようにみかん好きな子はいっぱいいると思うからとても絵本に親近感が持てました。みかんを食べ過ぎて大好きなみかん色になったりして嬉しい絵本でした。ページを捲ると益々みかんが食べたくなって我慢が出来なくなりますが、楽しい思いがいっぱいできました。絵がとっても可愛くて和みました。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

かわかみ たかこさんのその他の作品

アリとキリギリス / マルゲリータのまるちゃん / こんばんは あおこさん / ことり文庫 フライ姫、どこにもない島へ / よつばののはら / ちいさなともだち



本をふって、ゆらして、おどかして☆遊んで楽しめる参加型絵本

みかんちゃん

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット