十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
つつみがみっつ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

つつみがみっつ

作品情報

発行日: 1975年

3才から
こどものとも 1975年1月号

出版社からの紹介

「るすにする」「かるいきびんなこねこなんびきいるか」「このこどこのこ」「このみくんさんねんさんくみのこ」「ようかんかうよ」「ぞうかもかうぞ」……。前から読んでも後ろから読んでも同じ文(回文)のオンパレード。言葉あそびの楽しさを、軽やかな絵とともに満喫する絵本です。(「こどものとも」226号)

ベストレビュー

初恋の彼に再会した気分♪

どこを探しても見つからず、もう一度読んでみたいと、情報を求める感想を、絵本ナビに投稿したのは、かなり前のことです。(もちろん、その時は、紹介ページもありませんでした・・・)

半ばあきらめかけていた頃に、ブログで出会ったれんげKさんから、購入できる本屋さんを教えていただきました。

夢にまで見た再会☆
もう、まるで、初恋の彼に会うような気分でした〜♪

回文って、何ておもしろいんだろう?!
子どもの頃感じた、あの興奮!
そのまま、蘇ってきました。
この絵本が大好きだった、妹たちと一緒に懐かしいページをめくります。
「そうそう、川を跳ぶけど、失敗するんだよね〜!」
「ガムがタイツについちゃってさ〜!」
「これって、確かお正月の話だったよね〜?!」
3人姉妹が、31年前にタイムスリップして、ワイワイ会話がはずみます。

そんな親たちを見て、子どもたちも興味津々。
特に長男や長女は、回文そのものの楽しさに目覚めたようです。

そうそう、以前書いた感想に、記憶違いがありました〜(汗)。
包みを3つもらって帰ってくるんだとばかり思ってましたが、おみやげとして、持っていった包みが3つだったんですね〜。

すべて回文でできているストーリーも凄いけれど、今見てもモダンでオシャレな絵も魅力的です♪

ぜひ、どこの本屋さんでも、買えるようになるといいなあ♪
(ぼのさん 40代・ママ 男の子12歳、女の子10歳、女の子5歳)

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!



「とびだすミニブック」シリーズ 編集者 清水剛さんインタビュー

つつみがみっつ

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット