ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
あきっぽいまじょとなかまたちそらとぶパンがま
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あきっぽいまじょとなかまたちそらとぶパンがま

  • 絵本
作・絵: うえつじ としこ
出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2009年01月
ISBN: 9784477019864

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

魔法の国にあきて、人間の世界でくらしはじめた魔法のおばあさん。動物たちといっしょに、むぎをそだてて、こむぎをつくり、かまもつくり、おいしいパンをやきました。ほっぺたがこぼれおちそうな、おいしいパンは大人気!王様さまがひらく「パン・コンクール」に出ることにしました。「パン・コンクール」の日、みんなウキウキして結果を待ちますが・・・・・・

あきっぽいまじょとなかまたちそらとぶパンがま

ベストレビュー

“あきさせない”まじょ!

200年間、魔女の国に住んだ魔女が“あきた”ので他のところに住みたい
と大魔女に願い出て、その場所に運んで行ったら100年は動かないという箒で、
普通の世界に引っ越して、普通のおばあさんとして暮らします。
そして、何故か、2匹の犬と2匹の山羊とニワトリと、もともと魔女の国から
一緒だったフクロウとの生活を始め、ある日、ニワトリの「おいしいパンが
食べたい」というつぶやきから、パン作りをみんなで決心をし.... という話です。

実に面白い話でテンポもよく、ところどころのユーモアもとても
スパイスになっていて、大変気に入りました。

200年も住んでいるのに、「あきっぽい」まじょだなんて、ありえないでしょう! 
そして、また一度、魔女の国を出たら、100年は戻って来れないなんて!
実にスケールの大きい話です。
そして、なんと単位の大きいこと! 一桁違うのでは?!
(そんな小さな笑いが沢山ちりばめられている絵本です。)

しかも、おいしいパンを食べたいからと一致団結して、みんなで小麦の種をまく
ところから始めるんですよ! そして、収穫したら、今度は土と藁でかまどまで
作って、パンを作るけれど初めてのパンは失敗してしまい、そこから、精進して、
誰もが絶賛するパンになるまで根気よく作るんですから、
このまじょが、あきっぽいことはありえません!

この絵本の中で一番好きな場面は、
「みんなのみみには おばあさんたちのパンが ゆうしょうしている
といってるようにも きこえます。」
の一文です。
「いってるようにも」の“も”に、実に、飄々とした感じがして、センスの良さを
感じました。

最初に一緒に住むのが何故犬と山羊とニワトリ?と思いましたが、
本の最後の作者紹介のところで、作者:うえつじさん御自身がこれらの動物達と
暮らしているのですね。解決しました。
このまじょさんは、本当は、うえつじさん御自身なのかもしれませんね。
そして、動物たちは、仲間?!

絵と話のテンポがとてもマッチしていて、絶対に飽きさせない話でした。
絵のタッチがスズキコージさんを思い出させ、女スズキコージという感じで、
彼女の独特な世界をこれからも世に出していって欲しい作家さんです。

今回は、1回立ち読みコーナーで読みましたが、実際の本を手に取りたいと
思いました。お奨めです。是非、読んでみてください。
(汐見台3丁目さん 40代・ママ 男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


うえつじ としこさんのその他の作品

ぬすまれたおくりもの / おそろしいかえりみち―あきっぽいまじょとなかまたち



すべてのおとなとこどもに贈ります

あきっぽいまじょとなかまたちそらとぶパンがま

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.43

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット