貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス)
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
CDつき おもしろ落語絵本 ごくらくらくご
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

CDつき おもしろ落語絵本 ごくらくらくご

  • 絵本
作: 桂 文我
絵: 飯野 和好
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

在庫あり

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2002年10月
ISBN: 9784097271499

B5変/66頁

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

葉遊びやユーモア、声に出して心地いいリズムと会話のテンポ。日本語の楽しさが全部含まれている落語を子ども向けに構成した絵本です。付録のCDでは、本に載っている新作落語を噺家・桂文我氏が熱演。読む・聞く・まねる、楽しみ方は幾通りもあります。

 ユーモアセンスのある子どもを育てたい。小学生から英語を習うのもいいけれど、言葉というものは、伝えたいことがあってこそ生きる道具。そして伝えたいことがあるとき、コミュニケーションを円滑にするのが「ユーモア」ではないでしょうか? 「落語独特の豊かな言葉のやりとりは、子どものコミュニケーション力を育てる」と、斉藤孝氏(『声に出して読みたい日本語』著者)も推薦。2002年4月号より『小学一年生』で連載を開始し、親子ともに大きな反響を呼んだこの企画。子ども落語の草分け・桂文我氏の新作書き下ろし落語を、画家の飯野和好氏の個性的な絵がサポートします。 また、付録のCDでは、本に載っている落語を桂文我氏が熱演、本物の「話芸」も楽しめます。

ベストレビュー

題名が何気に「回文」

桂文我さんが、子ども向けに新作落語を考え、本にまとめたものです。
イラストは飯野和好さんで、子どもたちが読んで面白い、目で見て楽しい落語絵本(絵本というより、絵の多い児童書みたい)になっています。

本にはCDもついていて、桂文我さんご本人の落語が聞けます。
子どもたちが想像しやすい身近な題材が多く、なかなか楽しいです。
学校の学芸会などでやったら、面白いかもしれませんね。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子15歳、女の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


桂 文我さんのその他の作品

らくごえほん 月きゅうでん / 落語まんが じごくごくらく伊勢まいり / らくごCD絵本 おやこ寄席 / 落語えほん しまめぐり / 紙芝居 夏のいしゃ / おはなしのたからばこワイド愛蔵版(22) ふたりでひとり

飯野 和好さんのその他の作品

はやくちことばで おでんもおんせん / ねぎぼうずのあさたろう その10 ゆきはこんこんわたりどり / 日小見不思議草紙 / おせんとおこま / ざしきわらしのおとちゃん / どろだんごと たごとのつきまつり



『10才からはじめるゲームプログラミング図鑑』編集者インタビュー

CDつき おもしろ落語絵本 ごくらくらくご

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット