しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
ぬすまれた宝物
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぬすまれた宝物

作・絵: ウィリアム・スタイグ
訳: 金子メロン
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1977年12月
ISBN: 9784566010710

小学校中学年〜
A5変型判・上製/94ページ

出版社からの紹介

王室の宝物殿から宝物がぬすまれた! クマの王様は見張役のガチョウのガーウェインを疑う。信じていた友人たちにも背をむけられ、怒り絶望したガ−ウェインは姿をけしてしまう。そして真犯人は…? それぞれが自分の弱さに苦しみ許し合うようになるまでを、温かいユーモアで描く。

ベストレビュー

スタイグ作品のベスト3

私は、スタイグは絵本ではなくこの児童書から読みました。

一人で読むなら高学年からだと思うのですが、当時一年生だった息子に読んで聞かせると、おもしろかったらしく一気読みしました。

児童書に冤罪を持ちこんでしまうすごさに、正直うなりました。

それから、わが家ではスタイグ三昧が始まりました。

すべての作品を読んでいませんが「ピッツアぼうや」「ロバのシルベスターとまほうの小石」は、スタイグ作品のベスト3だと思っています。

宝物殿の鍵を持つのは王様とガーウェインだけ。

鍵はしっかり閉まっていたはずなのに、宝物が盗まれていきます。

状況証拠から、犯人はガーウェインしか考えられません。

冤罪をかけられるということはないにしても、子どもであればいじめや仲間はずれで、一夜にして信頼できる友だちがすべて信じられなくなるという状況は起こり得ます。

そして、そういう経験は私にもあります。大人になっても、そういう事態は起こり得るでしょう。

人が信じられなくなる失意、苦しみを冤罪という題材で、子どもにも伝わりやすく描くスタイグは、すごいなあと思います。

読み聞かせをすれば読解力にもよりますが低学年から、そして大人まで幅広く読めると思います。

スタイグの魅力を絵本だけでなく児童書でも味わっていただきたいと思います。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ウィリアム・スタイグさんのその他の作品

くぎになったソロモン <新訳> / 馬車でおつかいに / ロバのシルベスターとまほうの小石 / きいろとピンク 新装版 / みんなぼうしをかぶってた / ピッツァぼうや

金子メロンさんのその他の作品

ドミニック



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

ぬすまれた宝物

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6




全ページためしよみ
年齢別絵本セット