宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
たまごをこんこんこん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

たまごをこんこんこん

作・絵: あかまあきこ
出版社: ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「たまごをこんこんこん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年02月
ISBN: 9784893252029

22×19cm・20頁

出版社からの紹介

さわって、めくって、親子で楽しむしかけ絵本。
「こんこんこん」とたまごをたたいてページをめくりましょう。出てくるのはだあれ?
生まれた赤ちゃんたちは、みーんなお母さんのもとへ。幸せ気分いっぱいの赤ちゃん絵本です。

ベストレビュー

可愛くて、優しい気持ちになれる本です♪

最近、「たまごから赤ちゃんが生まれる」というシーンが大好きな、2歳8ヶ月の娘に読みました。

毎回ニコニコして、「こんこんこん」と言いながら、そーっと絵本をノックしています。

何度読んでも、ページをめくって、「ぱかっ」と赤ちゃんが出て来る時には、とても嬉しそうに見ています♪

たまごから生まれた赤ちゃんが達が、揃って向かうのは…

大好きなママのところ♪

見つけた後に、駆け寄るシーンが、娘は大好きみたいです。


そして、最後の 「赤ちゃんが、ニコニコしてママに抱っこ(おんぶ)」されるシーンでは、ほほえみながら、私にすり寄って来ます。(思わず、私もムギュー、としてしまいます)

最後のページの、優しい響きの文章を読んでいると、読んでいる私まで、とっても温かくて、優しい気持ちになります。


可愛くて、読むたびに、心があったかくなれる、親子で大好きな絵本です!
(あまママさん 30代・ママ 女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    どんぐりちゃんの一生を描いた韓国のやさしい翻訳絵本

あかまあきこさんのその他の作品

大きな大きな絵本 27 たまごをこんこんこん



大人気シリーズ第二弾「家族がいるって、どんなかんじかな」

たまごをこんこんこん

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.67

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット