もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【1歳のあの子へ】声に出してみたり、真似してみたり。親子で一緒に楽しみましょう。「1歳向け絵本セット」
はるじゃのばけつ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

はるじゃのばけつ

  • 絵本
作・絵: 白土 あつこ
出版社: ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2009年02月
ISBN: 9784893257765

25×25cm・24頁

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

あたたかな気持ちが伝わる春にぴったりのお話

たっくんが桜の花びらをばけつにあつめているとたぬきがやってきていいました。
「めだかをいれようよ。」<めだかか、いいなあ>と思いながら、たっくんは答えました。
「いらないよ、これは『はるじゃのばけつ』だもの。」
『はるじゃのばけつ』とは家にいる じいじに春を届けるためのばけつなのです。
じゃまばかりするたぬきに腹をたてたたっくんでしたが…。

いたずらっぽいけれどどこか憎めないたぬきと、おじいちゃん思いのたっくんとのやりとりが
心に残る、読後感のさわやかな絵本です。

好評「だめだめすいか」に続くたぬきとたっくんの物語、第2弾です。

はるじゃのばけつ

ベストレビュー

桜の花びら、春爛漫

全ページお試し読みで読みました。
たっくんがさくらの花びらをいっぱい集めています。
タヌキがやってきて、メダカを入れようと誘います。
カエルを入れたら楽しいだろうとと思ったタヌキですが
タックンは怒ってしまいました。
二人を見ているとほんとにかわいいです。
風邪をひいたじいじを元気づけようと
タックンは、花びらを集めていたのですね。
タヌキも花びら集めに協力して、、、。
じいじはとっても嬉しそうでした。
(ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

白土 あつこさんのその他の作品

ようかいえんのかいすいよく / ゆきだるまのくに / くまおさんのカレーライス / ようかいえんにいらっしゃい / とんとん パンやさん / なかよしゆきだるま



葉祥明さんの描く不朽の名作

はるじゃのばけつ

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.33

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット