かむさりやまのおまじない かむさりやまのおまじない
原作: 三浦 しをん 文・絵: 山岡 みね  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
さんたは、あかさんといっしょに、座布団にのって空をとび、かむさりやまへ! 『神去日常なあなあ』をもとにした、楽しい絵本。
【本好きな子になってほしい!】と思ったら。 定期購読サービス「絵本クラブ」がお手伝いします。 お申し込みはこちらから>>>
三びきのコブタのほんとうの話
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

三びきのコブタのほんとうの話

作: ジョン・シェスカ
絵: レイン・スミス
訳: いくしま さちこ
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「三びきのコブタのほんとうの話」は現在購入できません

作品情報

  • マイ絵本棚に追加する
  • この絵本のレビューを書く

発行日: 1991年11月13日
ISBN: 9784001106121

対象年齢 小学1.2年以上

三びきのコブタがつぎつぎとこわいオオカミに襲われるという有名な昔話を,加害者のオオカミの立場から見たらどうなるか.そういう発想でつくられ見事に成功し,たちまちベストセラーになった話題の絵本.

事実は何処にあるのか?

 三匹の子豚の本当のお話です。犯人(?)の狼が何故三匹の子豚を襲ったのか、狼が本当の話を語ります。
 狼は本当はいい狼なのか、悪い狼なのか、狼の言い分を良く聞いて下さい。この狼の言い分をどう受け取るかは、読み手しだいですが、国や文化の違いと同じだと思える側面を持っています。
 鯨を食べる日本の文化は、外国から見ると野蛮でしかありませんが、外国の文化では鯨は油と、コルセット用の骨を取った後はゴミとなる無駄の文化でしかありません。
 子豚を食べた狼は悪者でしょうか?ごく当たり前の狼でしょうか?
 挿絵もコミカルで、読ませるものがありました。
(MAARUさん 20代・その他の方 女の子)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ジョン・シェスカさんのその他の作品

ウォルト・ディズニー ふしぎの国のアリス / 算数の呪い / イカはいかようにしてもイカだ / くさいくさいチーズぼうや&たくさんのおとぼけ話

レイン・スミスさんのその他の作品

これはちいさな本 / グランパ・グリーンの庭 / これは本 / ヒヤシンスひめ そらにうかんだおんなのこの あっとおどろくおはなし / Alive生きている体 / たのしいホッキーファミリー、いなかへいく!

いくしま さちこさんのその他の作品

あおいこねことおさらいっぱいのクッキ−



かこさとしさんの「だるまちゃん」シリーズの魅力に迫る!編集者インタビュー

三びきのコブタのほんとうの話




この作品をあなたのブログに掲載しませんか?

お好きなレイアウトを選んでテキストエリアのHTMLコードをコピーして自分のブログに貼り付けてください。

ノーマル(小)

三びきのコブタのほんとうの話三びきのコブタのほんとうの話
作:ジョン・シェスカ / 絵:レイン・スミス / 訳:いくしま さちこ出版社:岩波書店絵本ナビ

ノーマル(大)

三びきのコブタのほんとうの話三びきのコブタのほんとうの話
作:ジョン・シェスカ / 絵:レイン・スミス / 訳:いくしま さちこ出版社:岩波書店絵本ナビ

シンプル(小)

三びきのコブタのほんとうの話三びきのコブタのほんとうの話絵本ナビ

シンプル(大)

三びきのコブタのほんとうの話三びきのコブタのほんとうの話絵本ナビ

全ページためしよみ
サイン本販売中