しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
小さめサイズが可愛い♪「こんとあき」など絵本柄のおつかいバッグはいかがですか?
狂言えほん せつぶん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

狂言えほん せつぶん

  • 絵本
作: もとした いづみ
絵: 野村 たかあき
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

絵本ナビ在庫 残り4

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年01月
ISBN: 9784061323896

読みきかせ・3歳から
ひとり読み・小学校低学年から
ワイド判・32ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

大好評!講談社の「狂言えほん」シリーズ
日本の伝統芸能が読みきかせにぴったりの絵本に!

〜「せつぶん」は、こんなお話です〜
節分の夜。「蓬莱が島」から、鬼が日本にやってきました。鬼はひと休みしようと、一軒の民家を訪ねます。そこでは女が1人、留守番をしていました。女は怖がって、鬼を追い払おうとしますが、鬼のほうは美しい女に一目ぼれして、言い寄ろうとします。しかし女に冷たくされ、鬼はついに泣き出してしまいました。それを見た女は、本当に自分のことが好きならばと、宝物を要求します。鬼は喜んで宝物を差し出し、すっかり亭主気取りですが、女は急に豆をまきはじめ……。

●著者からのメッセージ(メールマガジン「講談社絵本通信」より)
登場人物は、鬼と女だけ。狂言の持つ軽やかなユーモアを絵に表すことができるかどうかが、この絵本のポイントだった。大きな体と強い力、強面の鬼が、心をうばわれた弱みでやけに人間くさくなってしまう。逆に弱いはずの女が、心に卑しい鬼の姿を表してくる。その心の移り変わりを浮き彫りにするように、体や顔の表情を描いていくのが大変であった。はたしてうまく表現できただろうかと思っている。(野村たかあき)

ベストレビュー

狂言

狂言と聞くと、伝統芸能で敷居が高いと感じていましたが、こんなお話ならば、ぐっと気軽に楽しめそうですね。
実際に舞台を見に行くことは難しいので、絵本にしていただけると、こどもと一緒に楽しめるので嬉しいです。
人間も鬼も、ぐうたら亭主は追い出される・・・なんて(笑)
(なしなしなしさん 30代・ママ 女の子7歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


もとした いづみさんのその他の作品

せつぶんセブン / うめちゃんとたらこちゃん / おむかえまだかな / すっぽんぽんのすけ ひかる石のひみつ / キャンディーがとけるまで / てっちゃんの しりとりライオン

野村 たかあきさんのその他の作品

なくなタケシ / おばあちゃんのひなちらし / へぇこいたのだれだ? / おばあちゃんのななくさがゆ / あめふりうります / ないたあかおに



『コウノトリのコウちゃん』かこさんインタビュー&コウノトリの里、越前市レポート

狂言えほん せつぶん

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット