大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!
見てください!この福々しいミッフィー!! 【嬉しい再入荷です♪】
茂吉のねこ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

茂吉のねこ

作: 松谷 みよ子
絵: 辻司
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1982年08月
ISBN: 9784591005460

5歳〜
サイズ :24.5cm x 21.5cm ページ数 :32ページ

出版社からの紹介

茂吉のかっているちびねこが、ばけものたちのなかまにはいり、毎夜わらしにばけて、酒を買っていました。それを知った茂吉は・・・。

ベストレビュー

こわ〜い お話し 化け物の正体は?

松谷みよ子さんの文に辻 司さんの絵
茂吉のねこの昔話は 怖かったです
鉄砲うち名人の茂吉は 酒好きで ねこを一匹飼っていました
茂吉が酒買いにいくと なんと さかやの主人が 酒代が貯まっているから払えと言うのです 
しかし・・・・・ここからのお話の展開がおもしろいのです   こわおそろしいとはこのお話だと思いました

茂吉がかわいがっていた みけねこがかわいらしい女の子に化けていたとは、 そして ばけものずくしの野原で  茂吉が見た化け物の正体は?
これは このお話を読んでのお楽しみです

人ががものを無造作に捨てたとき 「もったいないおばけが出てくるよ」と昔の人が言い伝えた意味がちょっと分かります

お話しと絵もピッタリで、こわさが倍増しました
(にぎりすしさん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

松谷 みよ子さんのその他の作品

ともだち <復刊傑作幼児絵本シリーズ 2> / あおいぼうしののんちゃん <復刊傑作幼児絵本シリーズ 6> / まいごのくじら <復刊傑作幼児絵本シリーズ 10> / 講談社文庫 アカネちゃんの涙の海 / 講談社文庫 モモちゃんとアカネちゃん / 講談社文庫 ちいさいモモちゃん



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

茂吉のねこ

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット