庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
【迷ったらこれ!】おさるのジョージセット(ギフトラッピング込み)
内科・オバケ科 ホオズキ医院(1) オバケだって、カゼをひく!
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

内科・オバケ科 ホオズキ医院(1) オバケだって、カゼをひく!

  • 児童書
作: 富安 陽子
絵: 小松良佳
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥950 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年01月
ISBN: 9784591090299

小学校中学年〜
21cm x 15.5cm 143ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

 ある日、見知らぬ路地に入りこんだ恭平がたどりついたのは、世界にたった1人のオバケ科の専門医、鬼灯京十郎先生の病院だった!

ベストレビュー

大人が読んでもおもしろい!

富安陽子さんが大好きで、手にした本です。
当時7歳の息子にはまだ、早いかな?と思いましたが、
そこは富安陽子さんだし、思い切って読んでみることに。
読んでみると、これがまたおもしろい。
特に男の子にお勧めで、わくわくしたり、笑ったり、ドキドキしたり、
推理したりと盛りだくさんでした。
シリーズすべてを読みきることに…。
長男が7歳で自分で読むのはまだ無理だったので、
私が毎晩少しずつ読み聞かせをしていました。
本自体は高学年を意識しているかもしれませんが、
読み聞かせるなら低学年からでも大丈夫だと思います。
本離れなんて言いますが、こういう本を読んであげたら、
必ず子供は本が大好きになると思います。
(ラズベリーテッドさん 30代・ママ 男の子8歳、女の子6歳、男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


富安 陽子さんのその他の作品

シノダ!(10) 指きりは魔法のはじまり / もとこども / 日本全国不思議案内(2)菜の子ちゃんとカッパ石 / スギナ屋敷のオバケさん オバケ屋敷にお引っ越し / 妖怪用心 火の用心 九十九さんちのかぞえうた / 妖怪一家 九十九さん(5) 遊園地の妖怪一家

小松 良佳さんのその他の作品

ポプラポケット文庫 お江戸の百太郎(2) 黒い手の予告状 / それいけ!ぼっこくん / 飛べ!風のブーメラン / あしたへジャンプ! 卓球部 / ハートにプライド! 卓球部 / ホップ、ステップ卓球部!



世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

内科・オバケ科 ホオズキ医院(1) オバケだって、カゼをひく!

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット