話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

そらとぶアヒル

そらとぶアヒル

作: 内田 麟太郎
絵: 長 新太
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,430

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1995年
ISBN: 9784494005628

幼児〜小学校低学年向

出版社からの紹介

とべない鳥なんか鳥じゃないとアヒルはハトにからかわれたが、ゾウだって空をとべるへんな絵本。

ベストレビュー

とことん考えて・・・

アヒルはいつもハトにばかにされてました。何でかと言うと、アヒルは飛べません。
「飛べない鳥なんて鳥じゃないよ〜。」ハトは意地悪・・・。
ゴリラはアヒルを励ましました「とことん考えてごらん」
アヒルはとことん考え、夜が明けました。日が昇ります。お日様を見てアヒルはもしかしたら!と思い地面を思い切り蹴りました。すると・・・・アヒルは飛べました。
それを見た動物たちは、もしかしたら・・・あいつに空が飛べるなら自分も!すると飛べるのです。ぞうだって。
ハトはびっくり。アヒルに聞きました「飛べない鳥がどうして飛べるの?」アヒルは答えました。「はねがなくても飛べる。どんなに重たくても浮かびたければ浮かべる。ほら、あの人みたいにね。」そこには太陽が。
とことん考えたアヒルに太陽が教えてくれたんですね。
気持ちさえあれば、できないことはきっとないってことをおしえてくれましたね。
(いちごちゃんさん 20代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…

内田 麟太郎さんのその他の作品

どろんこおばけになりたいな / 空よ! / いっしょに / ぞうさんの ふうせん / ともだち いっしゅうかん / ぴぽん

長 新太さんのその他の作品

クレヨンぞうさん / はねるのだいすき / 3さいだもん 新版 / ぼくの すきな おじさん / ひとりぼっちの動物園 / ダッテちゃん



えがしらみちこさんの絵本「あめふりさんぽ」 雨の日でも気分を上げる1アイテムに

そらとぶアヒル

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット