おにたのぼうし おにたのぼうし
作: あまん きみこ 絵: 岩崎 ちひろ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
節分の夜、豆まきの音がしない一けん家にとびこんだおにのおにたは、病気の母を看護する少女に出会います。
miki222さん 30代・ママ

鬼にも色々あるのに
節分の日に鬼がやって来ると聞いて怖がっ…
【1歳のあの子へ】声に出してみたり、真似してみたり。親子で一緒に楽しみましょう。「1歳向け絵本セット」
そらとぶアヒル
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

そらとぶアヒル

作: 内田 麟太郎
絵: 長 新太
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「そらとぶアヒル」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1995年
ISBN: 9784494005628

幼児〜小学校低学年向

出版社からの紹介

とべない鳥なんか鳥じゃないとアヒルはハトにからかわれたが、ゾウだって空をとべるへんな絵本。

ベストレビュー

とことん考えて・・・

アヒルはいつもハトにばかにされてました。何でかと言うと、アヒルは飛べません。
「飛べない鳥なんて鳥じゃないよ〜。」ハトは意地悪・・・。
ゴリラはアヒルを励ましました「とことん考えてごらん」
アヒルはとことん考え、夜が明けました。日が昇ります。お日様を見てアヒルはもしかしたら!と思い地面を思い切り蹴りました。すると・・・・アヒルは飛べました。
それを見た動物たちは、もしかしたら・・・あいつに空が飛べるなら自分も!すると飛べるのです。ぞうだって。
ハトはびっくり。アヒルに聞きました「飛べない鳥がどうして飛べるの?」アヒルは答えました。「はねがなくても飛べる。どんなに重たくても浮かびたければ浮かべる。ほら、あの人みたいにね。」そこには太陽が。
とことん考えたアヒルに太陽が教えてくれたんですね。
気持ちさえあれば、できないことはきっとないってことをおしえてくれましたね。
(いちごちゃんさん 20代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


内田 麟太郎さんのその他の作品

たまたまタヌキ / イソップ物語 / ぐるぐるぐる / ぼくだってトカゲ / なみだは あふれるままに / いつだって ともだち

長 新太さんのその他の作品

クレヨンぞうさん / ぼくはイスです / タマタン / みんな にげた / さんぽ だいすき / 新装版 はなちゃんおふろ



困っているぼくのところに本物の神様が!

そらとぶアヒル

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット