ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん
監修: 公文教育研究会  出版社: くもん出版
KUMONが大切にしてきた「うた200」の知恵をご家庭で! 人気の童謡から手遊びうたまで、親子で楽しく歌える200曲を収録。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
水木しげる 鬼太郎の天国と地獄
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

水木しげる 鬼太郎の天国と地獄

  • 絵本
作: 水木 しげる
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

大きさ:A5変、184ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

幼年向け水木しげる先生の妖怪図鑑が登場!

ベストレビュー

ぜひ一度いらっしゃい!世界各地の天国と地獄の図鑑。

【内容】
ゲゲゲの鬼太郎とねずみ男が世界各国の天国と地獄をめぐる旅。

まずは漫画「死人列車」で、死んでから生まれ変わるまでを小旅行。
その後、軽く日本の天国を覗き、日本の地獄へ。
世界各国の「あの世」にも旅立ってしまおう。

【感想】
丹念に描かれた絵が、他の追随を許さない独特の世界を作り出している。
子どもの頃からのファンですが、そろそろ不惑を迎える今になっても十分に楽しい。
年齢相応の楽しみ方ができるのが、水木作品の魅力。
10年くらい前にも一度読んだことがあったと思うが、その頃よりもよりじっくりしっとり楽しめる。だんだんあの世に近くなってきて、「実用書」的な意味合いが増してきているからだろう。
水木先生は先日、あの世に取材旅行に行かれて未だ戻らない。よほど向こうはいいところらしい。私たちもいつかは行く場所。私はどちらかというと、地獄の方が懐かしい感じがするが、他の読者のかたはいかがでしょうか?

「天国・地獄の歴史年表」が、偉大だ。

死んでからもなかなか楽はできないらしい。どうやらこの世でも、あの世でも、それなりにやるべきことはやらなければダメ。なかなか厳しいのだ。
(恵里生(えりお)さん 30代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


水木 しげるさんのその他の作品

まるごとシールブック 水木しげるの和紙ら妖怪シール帳 / 水木しげるの妖怪なぞなぞめくり 家の中の巻 / 水木しげるの妖怪なぞなぞめくり 山里の巻 / 水木少年とのんのんばあの地獄めぐり / 角川つばさ文庫 ゲゲゲの鬼太郎おばけ塾 妖怪大相撲の巻 / 水木しげるのふしぎ妖怪ばなし 7 ゲゲゲの鬼太郎とオベベ沼の妖怪



20か国以上で大反響!プログラミングの魔法の世界へようこそ

水木しげる 鬼太郎の天国と地獄

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット