新刊
紫禁城の秘密のともだち(1) 神獣たちのふしぎな力

紫禁城の秘密のともだち(1) 神獣たちのふしぎな力(偕成社)

中国の紫禁城を舞台にした、女の子と神獣たちのほのぼのファンタジー!

小学生将棋名人戦 公式ガイドブック

小学生将棋名人戦 公式ガイドブック

  • 絵本

出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,320

クリスマス配送につきまして

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2008年03月
ISBN: 9784092271197

四六判、228ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

小学生将棋名人戦を目指す全ての小学生に!

ベストレビュー

将棋の世界の子どもたち

小1の息子が将棋を始め、半年でへたくそなお父さんにも時々勝てるようになりました。
私自身も子供のころから父と将棋をしていますが、
脳トレになるし、生涯楽しめる趣味にもなります。
おじいちゃんは孫と将棋をするのを楽しみにしています。
おじいちゃん孝行もできて、いいことづくめ。
市内の将棋教室にいれようかと思っているので、参考までに読んでみました。

将棋の世界は知らなかったことばかりでした。
将棋の道へ進む人は、
小学校高学年くらいから、師匠の家に住み込んで将棋の手ほどきを受けていたり、
学校の勉強はもちろん、学校自体よりも将棋が優先です。
この本を読み、将棋の世界には進まなくていいとはっきり思いました。
そういう意味で、参考になりました。

NHKでやっている小学生の大会の過去の記録もあり、
あの羽生善治さんも、初出場の4年生のときはまったく歯が立たなかったということがわかりました。生まれ持った天才ではなく、努力の人だったのだとわかりました。
将棋のプロに東大生もいました。頭がよくなるのは確かのようです。
息子がこのまま将棋を趣味にしていたら、高学年くらいで一人読みできると思います。
(Tamiさん 40代・ママ 男の子6歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かばさん 改訂版
    かばさん 改訂版
    出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    子どもと遊ぶときはいつだって全力投球!矢部太郎氏の父、やべみつのり氏の描く、最高に楽しい親子の絵本


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 諸芸・娯楽 > 小学生将棋名人戦 公式ガイドブック

えほん新定番 from 好書好日

小学生将棋名人戦 公式ガイドブック

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット