にんぎょうの おいしゃさん にんぎょうの おいしゃさん
作: マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵: J.P.ミラー 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
こみやゆう選書・翻訳「おひざにおいで」シリーズ第2弾!
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
小学館版 学習まんが人物館<第二期> ベートーベン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

小学館版 学習まんが人物館<第二期> ベートーベン


出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

本体価格: ¥850 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「小学館版 学習まんが人物館<第二期> ベートーベン」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

大きさ:菊判、160ページ

作品情報

発行日: 1997年08月20日
ISBN: 9784092700116

出版社からの紹介

苦しい生活の中で聴覚を失いながらも、生きる喜びと情熱を作曲した大音楽家の人生。

ベストレビュー

劇的な人生

このシリーズ、小2の息子とかなりハマって読んでいます。

漫画ではありますが、事実に基づいて描かれているのと、
漫画自体も変に崩したイラストとかではないので、内容に集中して
読み進めることが出来ます。

ベートーベンと言えば、耳が聞こえない音楽家というイメージしか
なかったのですが、耳が聞こえなくなったのは、20代後半頃
のことだったということを、この本を読んで知りました。

読み終えて思ったことは、とにかく、なんて苦難の多い人生
だったんだろうということです。まさに劇的な人生です。
どんな状況の時に「月光」や「運命」などといった曲が作曲された
のか、作曲した時の状況が描かれているので、今後、ベートーベンの
曲を耳にする時に、イメージできそうです。
そういった意味でも、子どもに是非読んで欲しい一冊です。
(どんぐりぼうやさん 30代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!



遊びながら芸術に親しむ!タメになる探しもの絵本

小学館版 学習まんが人物館<第二期> ベートーベン

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット