クネクネさんのいちにち きょうはパーティーのひ クネクネさんのいちにち きょうはパーティーのひ
文・絵: 樋勝 朋巳  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
小学館版 学習まんが人物館<第二期> マリー・アントワネット
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

小学館版 学習まんが人物館<第二期> マリー・アントワネット


出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥850 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

大きさ:菊判、160ページ

作品情報

発行日: 2005年03月10日
ISBN: 9784092700178

出版社からの紹介

革命の犠牲となったフランス最後の王妃

ベストレビュー

フランス革命の犠牲者

このシリーズ、小3の息子とかなりハマって読んでいます。

漫画ではありますが、事実に基づいて描かれているのと、
漫画自体も変に崩したイラストとかではないので、内容に集中して
読み進めることが出来ました。

マリー・アントワネットと言えば、わがままで、贅沢をし過ぎて、
処刑された人というイメージがありましたが、本を読んでみて、
実際には国民にかなり誤解されていた部分があったのだなという
ことがわかり、印象が変わりました。

オーストリアからフランスのルイ16世の元へ嫁いだマリー・アントワネットは、
外国人の王妃ということで、民衆にとって憎むには都合のいい対象であったこと、
長年の赤字財政のツケが、ルイ16世の時代に回ってきてしまったこと、
マリー・アントワネットは、フランス革命の犠牲者であったと感じました。

「不幸に会って初めて人間は自分が何者であるかがわかります」
と、マリー・アントワネットは言葉を残しています。
自分が歴史的人物となる定めを負っていることを理解し、死に臨んだ姿は、
感動すら覚えました。

今のフランスという国の影には彼女の姿があることを、子ども達にも
是非読んで知って欲しいと思います。
(どんぐりぼうやさん 30代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




安野光雅さんの長年の思いを絵筆に込めた、豪華な翻訳本!

小学館版 学習まんが人物館<第二期> マリー・アントワネット

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67




全ページためしよみ
年齢別絵本セット