雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
小学館版 学習まんが人物館<第二期> マリー・アントワネット
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

小学館版 学習まんが人物館<第二期> マリー・アントワネット


出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

本体価格: ¥850 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「小学館版 学習まんが人物館<第二期> マリー・アントワネット」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

大きさ:菊判、160ページ

作品情報

発行日: 2005年03月10日
ISBN: 9784092700178

出版社からの紹介

革命の犠牲となったフランス最後の王妃

ベストレビュー

フランス革命の犠牲者

このシリーズ、小3の息子とかなりハマって読んでいます。

漫画ではありますが、事実に基づいて描かれているのと、
漫画自体も変に崩したイラストとかではないので、内容に集中して
読み進めることが出来ました。

マリー・アントワネットと言えば、わがままで、贅沢をし過ぎて、
処刑された人というイメージがありましたが、本を読んでみて、
実際には国民にかなり誤解されていた部分があったのだなという
ことがわかり、印象が変わりました。

オーストリアからフランスのルイ16世の元へ嫁いだマリー・アントワネットは、
外国人の王妃ということで、民衆にとって憎むには都合のいい対象であったこと、
長年の赤字財政のツケが、ルイ16世の時代に回ってきてしまったこと、
マリー・アントワネットは、フランス革命の犠牲者であったと感じました。

「不幸に会って初めて人間は自分が何者であるかがわかります」
と、マリー・アントワネットは言葉を残しています。
自分が歴史的人物となる定めを負っていることを理解し、死に臨んだ姿は、
感動すら覚えました。

今のフランスという国の影には彼女の姿があることを、子ども達にも
是非読んで知って欲しいと思います。
(どんぐりぼうやさん 30代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




可愛いプリンちゃんのお話4作目は、お父さんとおでかけ♪

小学館版 学習まんが人物館<第二期> マリー・アントワネット

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67




全ページためしよみ
年齢別絵本セット