くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
小学館版 学習まんが人物館<第二期> コロンブス
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

小学館版 学習まんが人物館<第二期> コロンブス


出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「小学館版 学習まんが人物館<第二期> コロンブス」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

大きさ:菊判、160ページ

作品情報

発行日: 2008年09月04日
ISBN: 9784092700185

出版社からの紹介

未知の世界に向けて船出した“冒険商人”

ベストレビュー

船乗りって大変

このシリーズ、小2の息子とかなりハマって読んでいます。

漫画ではありますが、事実に基づいて描かれているのと、
漫画自体も変に崩したイラストとかではないので、内容に集中して
読み進めることが出来ました。

コロンブスは、名前はよく知っていましたが、具体的な功績については
詳しく知らなかったので、今回これを読んでみてアバウトではありますが、
やっとコロンブスという人物像が大まかに掴めたような気がします。

船乗りになるには、天文学・地理学・数学・気象学・哲学・海洋学・航海術
など、たくさんの知識が必要なんですね。
当時の人々にとって未知の世界だった西の海への大航海を成し遂げることは、
想像つかないほどの知識と勇気が必要であったことを知り、改めて
コロンブスの功績がどれほどのものかと感じられました。

今の常識が、コロンブスのような偉大な人たちによって作られたことを、
このシリーズを読んで子供にも知って欲しいなと思います。
(どんぐりぼうやさん 30代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • はなびのひ
    はなびのひの試し読みができます!
    はなびのひ
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    待ちに待った花火大会に、町じゅうがワクワクする様子が面白い! 一緒に花火を楽しみませんか?



「がまくんとかえるくん」シリーズ 三木卓さんインタビュー

小学館版 学習まんが人物館<第二期> コロンブス

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット