しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
小学館版 学習まんが人物館<第二期> 杉原千畝
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

小学館版 学習まんが人物館<第二期> 杉原千畝


出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

本体価格: ¥850 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「小学館版 学習まんが人物館<第二期> 杉原千畝」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

大きさ:菊判、160ページ

作品情報

発行日: 2001年11月29日
ISBN: 9784092701137

出版社からの紹介

命をかけてビザを発給し、六千人をこえるユダヤ人難民を救った外交官・杉原千畝。戦後、イスラエルをはじめ多くの国から表彰を受け、世界中の教科書で取り上げられる、国際化時代の旗手、杉原の決断の人生を描く。

ベストレビュー

ちうね

このシリーズ、小2の息子とかなりハマって読んでいます。

漫画ではありますが、事実に基づいて描かれているのと、
漫画自体も変に崩したイラストとかではないので、内容に集中して
読み進めることが出来ます。

恥ずかしながら、私はこの本と出会うまで、「杉原千畝」の
存在すら知りませんでした。息子に、「この名前読める?」と
聞かれ、読めませんでした。「ちうね」と読むんですね。

ナチス政権下のドイツによるユダヤ人狩りから逃れてきた難民に、
外務省の命令に反して、亡命できるように日本を通過するための
ビザの発行をしたという経緯、すごく感動しました。

国の命令に逆らって6千人もの尊い命を救った千畝、
勇気ある人道的行為は、是非、子ども達に知って欲しいと思います。

息子はこれを読み、ユダヤ人の存在を知りました。
これを読んだ後にたまたまシリーズにある「アンネ・フランク」を読み、
またユダヤ人が関係してきたということもあり、興味津々でした。
ユダヤ人という差別、小学生にはまだ理解しかねるとは思いますが、
いろんなことを知るきっかけになりました。

息子的には結構お気に入りの一冊のようで、何度も読み返しています。
(どんぐりぼうやさん 30代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!



「くもんのこどもえんぴつ」シリーズ<br>開発チーム 星野由香さんインタビュー

小学館版 学習まんが人物館<第二期> 杉原千畝

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット