新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

生きていたい!

生きていたい!


出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,760

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

大きさ:菊12取判、72ページ

作品情報

発行日: 1998年03月05日
ISBN: 9784092902015

出版社からの紹介

チェルノブイリ原発事故の子どもたちの怒りと悲しみを訴えた命の記録。

ベストレビュー

今、この本を読む意味

チェルノブイリの原子力発電所が事故を起こしたのは、1986年だから、36年も昔のことです。
その時の恐怖を子どもたちは知らないけれど、11年前の東日本大震災の福島原発事故は、国内でも起こりうる事故だということ、そのために何が起こったのかを、身を持って経験しました。
そして、その問題が終結していない今、当のチェルノブイリ原子力発電所が、何故攻撃されなければいけないのか、私にはその意味が理解できません。
多分、ロシア軍ののウクライナ侵攻がなければ、この本に目を留めることもなかったかも知れません。
でも、この本は別の意味で重く感じられます。
この本は、チェルノブイリの子どもたちの絵と文章で構成されています。
事故のこと、町や村のこと、病気のこと、家族のこと、10代の子供の心でまとめられています。
今は40代から50代になっている彼ら、彼女らは、別の意味で自分たちの町を見ているに違いありません。
当時よりも緊迫した目で、変わり果てて行く町を見ているゆとりもないに違いありません。
無事でいるのでしょうか。
「生きていたい!」というタイトルが、別の意味を持って叫んでいます。
(ヒラP21さん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




20周年記念えほん祭 ベストボロボロ絵本コンテスト受賞者決定!

生きていたい!

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット