雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
なみ@えほんさん 50代・その他の方

詩と絵の すてきなハーモニー
 よく知られている詩ですが、大きな字で…
【ギフトにオススメ】フレデリックのマスコットが付いた、可愛すぎるソックスが新登場♪
生きていたい!
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

生きていたい!


出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

大きさ:菊12取判、72ページ

作品情報

発行日: 1998年03月05日
ISBN: 9784092902015

出版社からの紹介

チェルノブイリ原発事故の子どもたちの怒りと悲しみを訴えた命の記録。

ベストレビュー

海の向こうのお話が

10年ほど前にこの本を新聞で知り、読んだことがありました
チェルノブイリの原発事故後12年たって、子供たちに甲状腺がんや白血病が増えているという、ショックな出来事でした
子供たちの描いた絵と詩が綴られているのですが、傷跡を描いた絵が痛々しいのです・・・・心がです

まさか日本で放射線の量は違うかもしれませんが、原発事故が起きるなんて、誰が予測したでしょう・・・・
海の向こうのお話が、いきなり現実を突きつけられたのです

「カリーナのりんご」の本を読んだ時、甲状腺の傷跡がたくさん出てくるこの本を記憶の中から手繰り寄せました

不安をあおるつもりはありませんが、被害を受けるのはいつも子供なんです
未来に羽ばたく子供たちを最大限支援したいです
(風の秋桜さん 40代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




『あっちゃんあがつく たべものあいうえお』の魅力を広めた書店員さんにインタビュー!

生きていたい!

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット