宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
森にいこうよ!
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

森にいこうよ!


出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「森にいこうよ!」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • 後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

大きさ:A4変、32ページ

作品情報

発行日: 2004年05月14日
ISBN: 9784097276616

出版社からの紹介

地球環境を楽しいお話と絵から学ぶ科学絵本

ベストレビュー

森は自然のサファリパーク

一見地味そうな印象だが、ユーモアに溢れている。
森のおもしろさが詰まっていて、森の動物が確かな筆と覚書のようなおもしろい特徴で表現されている。
だいたい作者が森を楽しんでいる。
そう思って改めて作者を見ると、なるほど。C.W.ニコルさん。納得。
じっくり楽しむタイプの絵本。

森にかなり近い生活をしているので興味深く読んだが、ヒノキや杉の森はこんなに豊かな生態系はないんですよねぇ。木はいっぱいあるのに、残念だなぁ。
クマはちょっとごめんだけど(笑)
(てぃんくてぃんくさん 30代・ママ 女の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かえるがみえる
    かえるがみえるの試し読みができます!
    かえるがみえる
    作:松岡 享子 絵:馬場 のぼる 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    かえるがみえる、かえるがかえる、「える」の変化だけで愉快なお話が生まれます!言葉の手品みたいな絵本



おやすみ前にぴったりの絵本!本をなでたり、ゆらしたり♪

森にいこうよ!

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット