庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
耳なし芳一
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

耳なし芳一

作: 小泉 八雲
絵: さいとうよしみ
訳: 舟木 裕
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

「耳なし芳一」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

大きさ:A4変、32ページ

作品情報

発行日: 2006年02月
ISBN: 9784097278528

A4変 32頁

出版社からの紹介

ラフカディオ・ハーンこと小泉八雲の名作を初めて真っ向勝負の絵本にしました。いままでの挿絵がちょっと入っただけのものと違って、中心がイラストになります。日本人のこころを次世代に伝える本です。

ベストレビュー

さいとうさんの絵巻物

小泉八雲の名作『耳なし芳一』がとても豪華絢爛な絵巻物の世界になりました。
細部までの表現のこだわり、ドラマチックな展開、スケールの大きな迫力のあるシーン…。
どれを見ても素晴らしい。
耳なし芳一って、こんな話でしたっけ。
文字だけで読んでいた時には、どちらかというと陰湿な暗さを感じていたのですが、言葉と行間の奥にこれだけの世界があったとは。
さいとうよしみさんには新見南吉の『花のき村と盗人たち』があって、その絵のさわやかさには目を見張るものがあったのですが、この作品はとても重厚です。
絵巻物を紐解いた背景で物語が展開する構想にもうなってしまいました。
怖さというよりも魔力を感じる絵本。
これだけこだわった絵本を書くさいとうよしみさん。
一作一作に全力投球のためか、作品が少ないのが残念です。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語

小泉 八雲さんのその他の作品

だんごをなくしたおばあさん / 角川つばさ文庫 怪談 日本のこわい話 / 怪談小泉八雲のこわ〜い話 1 耳なし芳一・ろくろ首 / 紙芝居 あらしのうみのゆうれい / 耳なし芳一・雪女 八雲怪談傑作集 / 偕成社文庫 怪談

さいとうよしみさんのその他の作品

さるの こしかけ / 新美南吉 名作絵本 花のき村と盗人たち



世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

耳なし芳一

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット