ねんねん どっち? ねんねん どっち? ねんねん どっち?の試し読みができます!
作: 宮野 聡子  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
「どっち?」にこたえていくうちに、あらあらふしぎ。すやすやねんね。子どもの気持ちを安心させ、しぜんに眠りの世界へみちびく絵本。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
うさちゃんのひるね どんぐりもりのおはなし 4
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

うさちゃんのひるね どんぐりもりのおはなし 4

  • 絵本
作: ジュリア・ドナルドソン
絵: アクセル・シェフラー
訳: ひさやま たいち
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

本体価格: ¥800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「うさちゃんのひるね どんぐりもりのおはなし 4」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2002年10月
ISBN: 9784566005273

どんぐりもりのおはなし4

関連
くまくんのてがみ
こんたくんのくつした
ぶーこちゃんのかくれんぼ

この作品が含まれるテーマ

おはなし

 お昼寝をしたいうさちゃん。でも、まわりがうるさくて、なかなか寝付けません。「うるさいなあ、何の音?」と、うさちゃんはその音の原因を探し当てます。くまさんが大工仕事をしていたり、ねずみの楽隊が練習をしていたり、音の出所はいろいろ。場所を変えてお昼寝しようと努力するうさちゃんを、最後に音を出していた張本人たちが訪ねます。でも、この訪ねた理由がとっても素敵。みんなのおかげでうさちゃんは、やっとすやすや眠ることができました。

みどころ

 しかけ絵本・どんぐりもりのおはなしシリーズの一冊。このお話では、うさちゃんのお昼寝を邪魔してしまう音の出所を探すためにしかけが利用されています。彼らが出していた音のおかげで眠れなかったうさちゃんが、最後に彼らのおかげで眠れたこと…、幸せな気持ちでお話を終わり、子供たちもホッと安心することでしょう。サイズが縦横13センチ×15センチのボード絵本(厚紙の絵本)。
――(ブラウンあすか ;絵本ナビ オフィシャルライター)

ベストレビュー

結末がかわいい

 シリーズ第4作目は、お昼寝の邪魔をする音の出所をさがすうさちゃんのお話。ねずみの楽隊がなかなか小粋です。見どころは最終ページでしょうか。やっとすやすや眠れたうさちゃんを、友だちが見守ります。ここに感動したのはわたし。ベッドで寝息を立てるうさちゃんに、娘もわたしもホッとしました。お昼寝前におすすめの一冊かもしれません。
(ムースさん 30代・ママ 男の子8歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ジュリア・ドナルドソンさんのその他の作品

こえだのとうさん / チビウオのウソみたいなホントのはなし / グラファロのおじょうちゃん / カタツムリと鯨 / もりでいちばんつよいのは? ジグソーパズルえほん / おうちをわけっこ

アクセル・シェフラーさんのその他の作品

袋鼠親爺の手練猫名簿 / ぶーこちゃんのかくれんぼ どんぐりもり3 / こんたくんのくつした どんぐりもりのおはなし2 / くまくんのてがみ どんぐりもりのおはな1 / まじょとねこどんほうきでゆくよ / ぼくのママはどこ?

ひさやま たいちさんのその他の作品

チビまるはどーこだ?



『ドームがたり』読み聞かせレポート

うさちゃんのひるね どんぐりもりのおはなし 4

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25




全ページためしよみ
年齢別絵本セット