しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
ワニのライルとどろぼうじけん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ワニのライルとどろぼうじけん

  • 児童書
作・絵: バーナード・ウェーバー
訳: 小杉 佐恵子
出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!

在庫あり

ゴールデンウィーク中の配送について

本体価格: ¥1,456 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1996年
ISBN: 9784477006581

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

町に"どろぼうが出る"といううわさが流れます。
ライルは撃退する方法を色々考えます。そんなとき、プリムさんの家に赤ちゃんが
生まれるときにいたライルとおかあさんのフェリシティは大よろこび。

ベストレビュー

ライルのお母さんが面白い

 ワニのライルシリーズの第6作。かなり前に購入しましたが、就学児童前後のレベルのお話であったことからずっと本棚に眠っていました。晴れて再登場させ読んでみると、息子には結構受けました。第1作「ワニのライルがやってきた」の印象が強かったこともあり、シリーズ全てが秀作品というのはなかなか難しいのではと個人的には感じていますが。
 東88番通りのアパートメントに、ワニのライルのお母さんフェリシティが住み始めました。お母さんはクロコダイル・ワニの国からやってきたばかり。これから息子のライル、プリムさん一家との生活が始まります。
 ところがある日、お母さんは人間社会のことがよくわからなくて、デパートでどろぼうにされてしまいます。フェリシティは裁判にかけられ、社会奉仕を命じられ、看護婦になり…。というように、ライルとプリムさん一家に巻き起こる騒動がホームドラマのように展開されるというパターンはシリーズ共通です。この作品ではお洒落なフェリシティの奮闘振りが見ものです。
(ムースさん 30代・ママ 男の子8歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


バーナード・ウェーバーさんのその他の作品

ワニのライルは会社のにんきもの / アイラのおとまり / 勇気 / アリクイのアーサー / ワニのライルのクリスマス / ネズミなんていないでしょ?

小杉 佐恵子さんのその他の作品

うっかりまじょとちちんぷい / モミの木 / おてつだいはもういやだ / ワニのライルがやってきた / こんにちは、バネッサ / ワニのライル、おかあさんをみつける



0・1歳の赤ちゃんにぴったり☆親子で遊べる絵本

ワニのライルとどろぼうじけん

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17




全ページためしよみ
年齢別絵本セット