だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
はしるの だいすき
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

はしるの だいすき

  • 絵本
作・絵: わかやま しずこ
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥800 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2003年01月
ISBN: 9784834019049

読んであげるなら・0才から

出版社からの紹介

「ぱんか ぱんか」「ずんか ずんか」と、にぎやかな足音をたてて動物たちが走ってきました。画面いっぱいに、鮮やかな色彩と力強い線で動物が描かれています。走り回る喜びが伝わってくる絵本です。

動物たちが思う存分走り回る、それはそれは楽しいことでしょう。そんな走り回ることの純粋な楽しさを、和歌山静子さんはのびやかに描いてくれました。力強い線で描かれた色鮮やかな動物たちは、画面からはみでんばかりの勢いで走っています。「ぱんか ぱんか」「ずんか ずんか」と、ユニークな効果音にあわせて、赤ちゃんといっしょに体を動かしながら読んであげると、動物たちといっしょに走り回っているような楽しい気分に包まれることでしょう。


ベストレビュー

3歳の娘も喜んでみた本

ページのはじめに、半分だけ見える動物。
「だれかしら」と問いかける文章。

10ヶ月の長男に読み聞かせていたら、3歳の娘が飛んできて、「チーター!」。

すべての「だれかしら」に反応していたのは3歳のむすめでした。

走ってくる音が、また楽しく、最後の「ごすん、ごすん」は誰だかさっぱりわかりませんでした!
(くるりくまさん 30代・ママ 女の子6歳、女の子3歳、男の子0歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


わかやま しずこさんのその他の作品

まるまる だーれ? / とべたよ とべたよ / のんびりおじいさんとねこ / つかんでぱっくん / おかあさん どーこ? / ムルンとサルタイ



ドイツで大人気!バニーが日本上陸

はしるの だいすき

みんなの声(41人)

絵本の評価(4.14

何歳のお子さんに読んだ?

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット