もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【再入荷】遊びながら実験の楽しさを教えてくれるイモムシ型ロボ、再入荷しました!
バルンくん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

バルンくん

  • 絵本
作・絵: こもり まこと
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

絵本クラブ
発行日: 2003年01月
ISBN: 9784834019056

読んであげるなら・0才から

出版社からの紹介

バルバルバルーッと軽快に走るバルンくん。坂道をぐんぐん上り、うねうね道を走り抜け、向かった先はサーキット場。仲間と一緒にレースを楽しみます。自動車たちの様々な表情が楽しい乗り物絵本。

作者の小森さんは、少年の頃から自動車が大好きで、学校が終わると橋の上で暗くなるまで自動車を眺めていたそうです。『バルンくん』はそんな小森さんの、自動車への熱い思いがこめられた作品です。小さいエンジンと軽い車体が特徴のバルンくん(「オースチン・ヒーレー・スプライト」という英国のスポーツカーがモデルです)は、坂道をぐんぐん上り、うねうね道も颯爽と走り抜け、サーキットへ向かいます。「バルバルバルーッ」と走るバルンくんの姿に、見ている子どもたちは、バルンくんと一緒に風を切りながら軽快に走り抜けている気分を存分に味わってくれることでしょう。あたたかみのあるタッチで描かれた表情豊かな自動車たちは、自動車好きの子はもちろんのこと、多くの子どもの心をつかんで離しません。単行本化を熱望する声が多数よせられた大人気の乗り物絵本が、ついに「0.1.2.えほん」に登場です。

バルンくん

ベストレビュー

感じ方

私にとって車は交通手段。でも子供にとっては違うのですね。豊かな創造力を持ってすればただ停まっている車も動かすことが出来るのだと思いました。動かすだけでなく車も自分の友達の様に感じることが出来るのだなと思いました。車の音もとても個性的で印象深かったです。娘は車の音にとても好奇な眼差しをして見つめ聞き入っていました。絵本なのに動画の様にするりと滑るように走る車は素敵でした。子供を虜にする車を納得できました。交通手段ではなくヒーロー的存在なのだなと思いました。前のランプが目の様に顔の様になっているのもかわいらしいと思いました。
(ぴょーん爺の娘さん 20代・ママ 女の子 5ケ月)

この作品を紹介しているサイトを見る >>> ユウchan「バルンくん」

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

こもり まことさんのその他の作品

いろなしくん / のっぽのスイブル155 / くうこうで はたらくくるま / トラックはこぶよ / バルンくんとともだち / ダットさんうみをはしる



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

バルンくん

みんなの声(73人)

絵本の評価(4.28

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット