うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
お日さまをみつけたよ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

お日さまをみつけたよ

  • 絵本
作・絵: M・ミトゥーリチ
訳: 松谷 さやか
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,100 +税

「お日さまをみつけたよ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2003年2月28日
ISBN: 9784834019070

読んであげるなら・4才から
自分で読むなら・小学低学年から
M・ミトゥーリチ 原案

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

春を迎えたシベリアの森は、お日さまの光がふりそそぎ、動物の赤ちゃんが生まれ、にぎやかになりました。そんな時、突然お日さまが隠れてしまいます……、ロシア画壇の巨匠が渾身の力で描いた絵本。

 シベリアの大地に冬がやってきました。雪嵐がうなり、お日さまは黒雲に覆い隠され、昼でも暗い日が続きます。森の動物たちは震えながら、お日さまが出てくるのを待っていました。フクロウだけは暗い森をとびまわっています。
 やっと春がきました。お日さまの光が森中にふりそそぎます。動物の赤ちゃんがあちらでもこちらでも生まれ、森はにぎやかになりました。フクロウだけは木のウロで腹を立てていました。ある日の夕方、フクロウはお日さまの後をつけました。お日さまが山に下りてきたとき、フクロウはとがった爪でお日さまをぐいっとつかみ、洞穴の奥に引きずり込むと、大きな岩でふたをしてしまいました。いくら寝ても夜が明けないので、動物たちは集まって相談しました。そして、誰よりも足の速いウサギといちばん力持ちのクマが、お日さまをさがしに出かけることになりました……。
 シベリアの昔話をモチーフに創作したこの作品は、スケールが大きく魅力的です。ロシア画壇の巨匠が渾身の力で描いたシベリア大地の鳥や動物は、小さな読者たちを遥かなる太古の世界に導いてくれるでしょう。


ベストレビュー

続きがきになるぅ〜

淡い春色の優しいタッチの挿絵が素敵ですね〜
寒い冬をしずかに過ごしてきた動物たちが春を楽しみにしてる様子と
温かなおひさまの日差しが印象的でした。
そんな風にお日さまを楽しみにしてるどうぶつたちのなかにも、
お日さまの存在を嫌がる動物が居るんです!
子どもたちは「どうして?どうしてそんな意地悪するの?」
その動物の悪さにあきれながらも、ラストでは
この先はどうなっちゃったのかな〜?と、
続きが気になるお話し。ぜひ、春からの続きのお話しも
出て欲しいな〜って思います。
(かおりせんせいさん 30代・ママ 女の子8歳、男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…

M・ミトゥーリチさんのその他の作品

イワーシェチカと白い鳥 / ゆきが やんだ あとで… / ぺんぎんほいくえん / こぐまとふうせん / はりねずみ かあさん / なぞなぞ100このほん

松谷 さやかさんのその他の作品

海と灯台の本 / うっかりもののまほうつかい / なにに なろうかな? / ことりのゆうびんやさん / イグアノドンとちいさなともだち / こぐまを びっくりさせたのは だれ?



葉祥明さんの描く不朽の名作

お日さまをみつけたよ

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.55

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット