しろうさちゃんとおねえちゃんの かえりみち しろうさちゃんとおねえちゃんの かえりみち
作・絵: 田島かおり  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
はずかしがりやのしろうさちゃんは、おねえちゃんと一緒に影ふみ遊びをして帰ります。きょうだいのやりとりに心あたたまる絵本。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
てんぐちゃん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

てんぐちゃん

作: 今江 祥智
絵: 宇野 亜喜良
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「てんぐちゃん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2003年01月
ISBN: 9784034351307

対象年齢 5・6歳から

出版社からの紹介

てんぐちゃんがきた日から、おばあさんの見る夢に不思議なことがおこりました。老いの中に流れる時間の豊かさを描いた傑作絵本。

ベストレビュー

「てんぐちゃん」って誰?

宇野さんの絵本には、おばあさんの思い出話がいくつかあります。
宇野さんの描くおばあさんの思い出は、おばあさんがかつては乙女であったことを、そしてとてもロマンチストで艶やかであったことを感じさせます。
百歳になろうとするおばあさんが、花咲き乱れる道や、満天の星を見上げる道を歩く、ロマンチックな夢を表現したかと思うと、恋人との思い出、印象に残っているメリーゴーランドの馬で揺られる、うっとりする世界を描いてくれました。
メリーゴーランドのシーンの馬の荒々しくて男性的で、鼻息が聞こえるほど印象的です。おばあさんが久しく忘れていた夢を見させてくれた「てんぐちゃん」。
おばあさん、ヨカッタネ。
でも、「てんぐちゃん」って誰?
これは、読む人の楽しみに残しておきたいと思います。
(ヒラP21さん 50代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


今江 祥智さんのその他の作品

しもやけぐま / あのこ / 子どもの本の海で泳いで / ごきげんなライオン すてきなたからもの / 優しさごっこ / ぼんぼん

宇野 亜喜良さんのその他の作品

シンデレラ / イソップえほん きんのおの / 恋人たち / おおきなひとみ / マイマイとナイナイ / おはなしのたからばこワイド愛蔵版(33) さくらんぼ



ワクワクドキドキのつちのしたツアーにでかけよう

てんぐちゃん

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット