庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
【絵本ナビ限定商品】ねないこだれだ おばけフェイスタオル
きりのなかで
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

きりのなかで

  • 絵本
作: きむら ゆういち
絵: あべ 弘士
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

「きりのなかで」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

100万人が読んでいる オオカミとヤギの友情物語
大型版になってカラーページもふえました!

オオカミのガブとヤギのメイはともだちどうし。2ひきはあそびのやくそくをしました。そこにいくとちゅう、メイがべつのオオカミにねらわれ……

おもしろいものは、おもしろい。かんじるものはかんじる。子どもも大人も、おなじです。――立川志の輔(落語家)

ベストレビュー

私もその場面が好き!

ハラハラドキドキしながら、このシリーズももう4冊目です。早く続きが読みたい気持ちと、あと2冊で終わりかと思うと楽しみをとっておきたいような気持ちと、まるで最終回が近づいた連ドラを見てる気分です。
前回はメイの仲間が出てきたと思ったら、今回はガブの仲間(というよりは、力関係ではかなり強そうな親分格のオオカミがそれも2ひき)が登場し、何度も危機一髪の場面に出くわします。(もう、心臓止まりそう。笑)
他のオオカミが登場することで、オオカミ界の力関係が浮き彫りにされ、ガブの人柄の良さが引き立ちます。
きりのなかというシチュエーションもうまいですね。

大型版ではない方にてんぐざるさんが書かれていた場面(「お、おいら、いまはヤギのにくじゃなくて・・・。」「ヤギが・・・すきなんす。」の名台詞!)、ググッときますね。私も好きです。恋愛なのか、友情なのか、その辺はよくわからない(どなたかが前におっしゃってたように、次元の違う種族を越えた愛とでもいう感じかな?)けど、心に響きます。

ちょうど、今、朝(7時20分頃)、教育テレビで「テレビ絵本」というのが始まり、このシリーズを読んでます。生の絵本を読むのが一番なのは、言うまでもありませんが、読み方も映像もなかなかいいですよ!うちの子たちは、ついこの間読んでもらったばかりというのもあって、かじりついて聞いてます。

また、長男がもらってきたばかりの四年生の国語の教科書に、お話は載ってないのですが、このシリーズの写真が載っていて、大発見とばかりに大喜びしてました!
(ぼのさん 30代・ママ 男の子9歳、女の子7歳、女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。

きむら ゆういちさんのその他の作品

いもさいばん / ほっとほっとホットケーキ / オオカミのはつこい / おでかけ版 こちょこちょあそび / 完全版 あらしのよるに / あっかんべろ〜ん

あべ 弘士さんのその他の作品

わにのスワニー / あべ弘士の生きものがたり カワセミとヒバリとヨタカ / どうぶつえんはおおさわぎ / 宮沢賢治「旭川。」より / ぷんぷんヒグマ / コロッケくんのぼうけん



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

きりのなかで

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.8

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット