しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
四十七士
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

四十七士

  • 絵本
作: 千葉 幹夫
絵: 神保 朋世
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「四十七士」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • 後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2002年12月
ISBN: 9784061482685

対象年齢 小学初級〜一般
B5判・48ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

21世紀に残したい名作絵本シリーズ第3期。

昭和11年より出版された「講談社の絵本」から4巻を選んで新編集により復刊。今回は読者カードのリクエストをもとになつかしの名作をセレクト!小学初級〜一般。

ベストレビュー

価値観の理解が難しいけど歴史の勉強に

時代劇大好きの我が家の年長、年中児に購入しましたが、ちょっと難しかったようです。人の名前や地名も難しい。壮大な話をダイジェストのように「はしょって」あるので、ついていけないということもあるでしょう。でも、小学生ぐらいになれば、日本史の導入に最適だと思います。うちでは、まず「あだうち」を説明しなければなりませんでした。「浪士」を説明するには、そのころの武士の生活を説明しなければなりません。悪いやつを苦労してやっつけたんだと言うと、最後の「切腹」の説明に困ってしまいました。でも、昔の日本はそんなふうだったんだよ、と話すきっかけとなる絵本はなかなかないので貴重だと思います。
(ホートンさん 30代・ママ 男の子5歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


千葉 幹夫さんのその他の作品

妖怪かるた / 楽しい絵本のつくりかた 絵本づくりのきほん・アイデアがたっぷり! / 新版 母と子のおやすみまえの小さなお話365 / 日本名作おはなし絵本 さんまいのおふだ / 日本名作おはなし絵本 はなたれこぞうさま / 母と子のおやすみまえの小さなお話365



大人気シリーズ第二弾「家族がいるって、どんなかんじかな」

四十七士

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット