宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
はやたろう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

はやたろう


出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

本体価格: ¥650 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「はやたろう」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

大きさ:AB判、24ページ

作品情報

発行日: 2001年07月12日
ISBN: 9784097472261

ベストレビュー

日本の伝説!

昔話とは違う
その土地柄が色濃く出る伝説
現存する碑や像で
「本当にあったおはなしなんだぁ・・・」
「ずっと言い伝えられているんだ・・・」
と、感心してしまいます

このお話と似たような
「いけにえ」の身代わりになって
困った生き物?悪を退治するーというのは
よく聞きます(読みます)が
「山犬」のはやたろうの活躍

はやたろうの最期に
感動してしまい、涙がじんわり・・・

山犬って、オオカミのことなのでしょうか?
おおかみは、「大神」ともいわれていたとか

和尚様の愛情のお陰で
はやたろうをこのように育ったのかしら
それにしても、この化け物達は一体・・・

自然に対する畏敬
信仰・・・いろいろ考えさせれます
「はやたろう ゆかりの場所」の
地図と写真もとてもわかりやすいです

感動の1冊でした
「伝説」・・・読んでみたい分野です
(しいら☆さん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




>絵本エイド ―こころにひかりを―

はやたろう

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット