だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!
【クリスマスプレゼントにオススメ♪】 一目惚れ続出の「乗れちゃうはらぺこあおむし」。大人気販売中です!
ツバメのたび
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ツバメのたび

作・絵: 鈴木 まもる
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年02月
ISBN: 9784034373903

3・4歳から
25cm×27cm 40ページ

出版社からの紹介

鳥の行動について思いをめぐらす著者が、思いをこめて生命の尊さを描く壮大な絵本。ツバメをいっしょに旅をしている気分になる。

ベストレビュー

地元に帰ってk手からお嫁さんがくるんだぁ

鈴木さんの絵でとっても見やすいです。
主人公のツバメがかわいい!愛着が持てます。
また、ツバメノ見えてるであろう視線で描かれているところが素敵でした。
ツバメたちって、つがいで戻ってくるのかと、勝手に思っていたのですが、
自分の生まれた場所に戻ってきてから近くにいるメスとつがいになるんですね〜。
これって、もしかしたらきょうだいとか、近い親戚とかいうこともあるのでしょうか?
文字は簡潔ではっきりした字で書かれています。
もちろん絵は鈴木まもるさんですから、見やすいですし、見ごたえもあります。
小学校の中学年くらいから、高齢者の方まで幅広く読み聞かせに使えそうです。
ツバメたちが巣作りする春先から6月くらいのおはなし会に特におすすめします。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子20歳、女の子15歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


鈴木 まもるさんのその他の作品

すすめ!うみのきゅうじょたい / ウミガメものがたり / だっこ / おはよう!しゅうしゅうしゃ / すすめ!ゆきのきゅうじょたい / たんじょうび おめでとう



『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

ツバメのたび

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.6

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット