新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

黒ねこサンゴロウ旅のつづき3 ほのおをこえて

黒ねこサンゴロウ旅のつづき3 ほのおをこえて

  • 児童書
作: 竹下 文子
絵: 鈴木 まもる
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,320

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1996年04月
ISBN: 9784035282808

出版社のおすすめ年齢:中学年〜
22cm×16cm 34ページ
判型:A5判

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

貝がら島を訪れたサンゴロウは、不慮の死をとげた長老の権力争いにまきこまれ、うみねこ族とやまねこ族との悲しい歴史を知る。

ベストレビュー

ハードボイルド

図書館のリサイクル本としていただいてきたこの本。

黒ねこサンゴロウが大好きな息子が、この本のことを忘れていたようで「リサイクル本に並んでよかった」とにっこりしていました。

男の子ですから冒険物は大好きみたいです。もちろん女の子でも十分いけそうです。

読むとつくづくハードボイルドだなあと思います。

サンゴロウの一人で何でもするところ、甘えない姿勢がかっこいいです。

必ず危険もつきまとうのですが、サンゴロウなら何とか立ち向かっていけそうと期待して読んでしまいます。

一人で読むなら中学年からだと思うのですが、ページ数がさほどないので幼年童話から中学年読み物に進む時の良い橋渡しになってくれそうな本だと思います。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子8歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,100円
1,320円
1,430円
484円
990円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

550円
748円
660円
10,780円

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
    出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…



絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

黒ねこサンゴロウ旅のつづき3 ほのおをこえて

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら