宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
【在庫限り】ゲットするなら今!絵本キャラグッズ
黒ねこサンゴロウ3 やまねこの島
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

黒ねこサンゴロウ3 やまねこの島

  • 児童書
作: 竹下 文子
絵: 鈴木 まもる
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜朝は8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1994年10月
ISBN: 9784035282303

小学中級から
22cm×16cm 158ページ
判型:A5判

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

サンゴロウたちうみねこ族とは宿敵関係にあるやまねこ族の島で、カレハ熱が流行した。サンゴロウは秘かに薬を届け。

ベストレビュー

ハードボイルド

旅のつづきシリーズの三巻を本篇の三巻と勘違いしてしまったので、これがシリーズのうちで最後に読む本となりました。

サンゴロウの過去については知ってしまった後ではあったのですが、もう一度全巻読みなおしたくなりました。

やっぱりハードボイルド。サンゴロウ、かっこいいです。

クルミはこの巻から出てくるんですね。なぞのありそうな島、なぞのありそうなサンゴロウ、とても興味深い巻でした。

クルミとナギヒコ、いいコンビになりそうなのですがどうなんでしょう。

最後までドキドキとしました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


竹下 文子さんのその他の作品

いそげ! きゅうきゅうしゃ / ぜんまいじかけのトリュフ エピソード1 / しゃっくりくーちゃん / きみは ライオン! / まいごのアローおうちにかえる / こねこのえんそく あきのもり

鈴木 まもるさんのその他の作品

みずとは なんじゃ? / 巣箱のなかで / てをつなぐ / 鳥の巣つくろう / わたり鳥 / すすめ!うみのきゅうじょたい



とっておきの場所をとられちゃったククー、さあどうする…?!

黒ねこサンゴロウ3 やまねこの島

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット