あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
パタポン(1)
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

パタポン(1)

作: 田中 和雄
出版社: 童話屋

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,250 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2002年04月
ISBN: 9784887470262

A6

出版社からの紹介

 子どもが幼いときに、いい詩に出会うと、やさしい気持ちが引き出されて、他人の悲しみがわかる心が育ちます。お母さんやお父さんは、いい詩を子どもが赤ちゃんのときから、声に出して読んであげるのがよいでしょう。美しい言葉は、耳から入って一生の宝ものになるのです。

 ぐりとぐらの中川李枝子さんの詩「手をつなごう」や瀬田貞二訳アリンガムの「思い出」、みらいなな訳ゾロトウの「へんてこりん」と、名だたる名詞が目白おしです。

ベストレビュー

心の栄養

息子が赤ちゃんだった頃、ふと目にした新聞の広告欄に、この本のまえがきで田中さんが書かれていることが載っていました。

その「『日本には幼い子どものためのいい選詩集がない、いずれだれかがやらなくてはいけない』と故瀬田貞二さんが話されたという個所がとても印象に残り、

思いだした都度手に取る詩集です。

元々、中学生ぐらいの頃からは詩は好きですし、子育て中もなかなか読書はできないのですが、詩集は短い時間で読めるし

心の栄養にもなるということで、読んでいました。

詩の魅力は声に出してみること、声に出すと言葉の響きの美しさ、その世界観が何倍にもなって広がりを見せる気がしています。

赤ちゃんの頃から話しかけるように絵本だけでなく詩も読み聞かせをしてみたいものですね。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ゆきのひ
    ゆきのひの試し読みができます!
    ゆきのひ
    作:くすのき しげのり 絵:いもと ようこ 出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    くすのきしげのりさんと、いもとようこさんが贈る、寒い冬に心がああたまる、優しいお話。

田中 和雄さんのその他の作品

パタポン(2)



『おふくさん』 服部美法さん インタビュー

パタポン(1)

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット