宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
あかちゃんのためのえほん(3)どうぶつ(3)
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あかちゃんのためのえほん(3)どうぶつ(3)

  • 絵本
作・絵: いもと ようこ
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥480 +税

「あかちゃんのためのえほん(3)どうぶつ(3)」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1992年04月
ISBN: 9784062527033

サイズ:B20取 ページ数:16

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

赤ちゃんとお母さんに贈る心の対話の絵本。
いもとようこの赤ちゃんのための絵本は、赤ちゃんの心を開き感性を豊かにするための絵本です。どうぶつの親子のむつまじい情景から、心豊かな対話が始まります。

ベストレビュー

おすすめ

2歳の孫へ読んでやりました。あかちゃんのための絵本とありますが、動物大好きな孫は楽しんでみていました。最近“おかあさん”“こども”という違いを認識しだした孫には、お母さんと子供がいっしょに親子で登場する点も良かったです。どの動物の親子も可愛くて幸せそうでいもとさんのイラストってやっぱり素敵だなーと思いました。
(アイババさん 50代・じいじ・ばあば 女の子2歳)

出版社おすすめ


いもと ようこさんのその他の作品

あかちゃんのためのえほん いない いない にゃーん / あかちゃんのためのえほん これ なあに / まいにちがプレゼント / あかちゃんのためのえほん こんにちは / あかちゃんのためのえほん いただきます / おいもころころ



『鹿踊りのはじまり』(「宮沢賢治の絵本」シリーズ)ミロコマチコさんインタビュー

あかちゃんのためのえほん(3)どうぶつ(3)

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット