宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
かげふみあそび
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

かげふみあそび

作: 武鹿 悦子
絵: 末崎 茂樹
出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「かげふみあそび」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • 後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年08月
ISBN: 9784577035917

5歳から
27×21cm 32ページ

出版社からの紹介

「おばあちゃんの病気、悪いのかなあ…」帰りの遅いお母さんを心配したうさぎのチャコは、ふとうつむいた瞬間、自分のかげぼうしを見つけ…。光と影のコントラストを美しく描き上げたモノトーンの絵本です。

ベストレビュー

お月様のインパクト

4〜5歳児に読みました
ふつうの影ふみ遊びは、昼間にやるのだけど、このお話は・・・
表紙からモノトーンで始まる絵本は、夕方お母さんの帰りを待つチャコちゃんといううさぎの女の子のお留守番・・・
外に出てみるとかげがあり、どんどん森のほうへ行くと、お友達もやってきます
「いれて」という子供たちのおなじみのせりふが出てくると、グッと親しみがわいてきます
お月様の「きいろ」がとってもインパクトがあって、「わぁ、おつきさまだ」と子供たちの声も上がりました
(風の秋桜さん 40代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • よるのねこ
    よるのねこ
    作・絵:ダーロフ・イプカー 訳:光吉 夏弥 出版社:大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
    じゃあ、よるは? ねこのよるってどんなかな?

武鹿 悦子さんのその他の作品

みーつけた / きりん きりん / のねずみくんのおはなし とんこととん / くすのきだんちのあめのひ / くすのきだんちのあきまつり / おかあさんのいのり

末崎 茂樹さんのその他の作品

わんぱくだんのおにわのようせいたち / おーいおばけ / わんぱくだんのおかしなおかしや / わんぱくだんのてるてるぼうず / ぼくのマルコは大リーガー / わんぱくだんのひみつきち



おやすみ前にぴったりの絵本!本をなでたり、ゆらしたり♪

かげふみあそび

みんなの声(8人)

絵本の評価(3.67

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット