だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
フーさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

フーさん

作: ハンヌ・マケラ
訳: 上山美保子
出版社: 国書刊行会

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2007年09月
ISBN: 9784336049476

A5判・178ページ

出版社からの紹介

まっ黒々の姿をして、子供みたいな話し方をする変なおじさん(実はオバケ?)フーさんがひきおこす笑って泣ける騒動の数々。でも最後には不思議としみじみとしちゃうのです。

ベストレビュー

結局、フーさんって何者?

上の子は「まぁ、面白かったよ」といいました。でも、内容的には中学生より、小学校中学年から高学年くらいにお薦めです。
中学生だと、もう少しいろいろなことに対して物足りなさを感じてしまうかも。

それにしても、文章も、感覚も、描かれている世界も、ちょっと今までなく、不思議な感じでした。
日本の童話や、イギリスやアメリカなどの児童向けの本では、主人公が「何者なのか」最初の段階で、はっきり分かる場合が多く、主人公の一人称だったりすることが多いですが、
この「フーさん」、私には最初から最後まで、何者かがよくわかりませんでした。結局ぺージを閉じるまで、「フーさんて、何者?」と、思いながら読みました。

何となく、つかめたのは、フーさんって、お化けみたいなもの」「もしはそれに似た妖精みたいな存在」「たぶん、生粋の人間ではない」ということでした。

後書きを読むと、この「フーさん」原作のフィンランドでは、アニメになったりと、大変子どもたちに人気のあるキャラクターだそうです。
毎回毎回、変なことがおこったり、ちょっと風変わりな子どもたちが登場したりと、子どもたちの好奇心を刺激するのかもしれません。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子15歳、女の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ハンヌ・マケラさんのその他の作品

フーさん引っ越しをする / フーさんにお隣さんがやってきた / ぼくはちびパンダ

上山美保子さんのその他の作品

体験取材! 世界の国ぐに(32) フィンランド



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

フーさん

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット