ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
あかい ふうせん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あかい ふうせん

  • 絵本
作・絵: イエラ・マリ
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

絵本クラブ
発行日: 1976年
ISBN: 9784593500277

渡辺 茂男 解説
サイズ:22×22 ページ数:32ページ

1〜2歳 編集部おすすめ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

字のない絵本です。線画のイラストに、色は白地に赤だけ。
子どもがふくらませた赤い風船が口から離れて飛んでゆきます。木の枝にくっついて、りんごになり、枝を離れて・・・
次々に形を変えるものが赤で強調されて印象的です。

あかい ふうせん

出版社からの紹介

『あかいふうせん』と字のない絵本(渡辺茂男さんによる解説)
おおむかし、わたしたち人類の祖先は、ことばも、まんぞくにしゃべらず、もちろん、文字などなかった時代に、洞穴のかべに絵をかきました。はじめは、狩りがうまくいくように、神さまにおねがいするために、野牛とか熊とか、そのほかの野獣だけの絵をかきました。
この絵をはじめてみた後世の人間は、野獣の力強いさまに感心しましたが、何のために1匹ずつの動物が描かれていたのか、その意味はわかりませんでした。
そのつぎに、野獣と向かい合って斧や弓矢をかまえている人間も絵の中にはいりました。
この洞穴画を見た後世の人間は、すぐにそれが狩りの絵だとわかりました。
これは、絵がそれを見る人に情況を知らせ、何かを語っていたからです。
字のない絵本は、まず絵になる考えと着想がなければ生まれません。つぎに、その着想の展開、つまり構成がたいせつです。形と色と表情で、はじめに何かが始まることをにおわせ、そして、つづくページを開くと、前のページとつながりながら、前のページとはちがう新しいできごとが展開し、それが流れとリズムをもって、クライマックスに読者を導いていかなければなりません。途中で、流れが切れてしまったり、意味のわからない場面があったりすると、そこに、それを説明することばがないだけに、読者は、ついていかれません。その逆に、全体の構成が、あまりにも陳腐で、わかりきった子どもだましであれば、読者は、くりかえし見ようとはしません。
イエラ・マリの『あかいふうせん』は、何回見ても、息をのむほど新鮮で、ため息のでるほど、あかぬけした、心のはずむ傑作です。(児童文学者)

ベストレビュー

鮮明な赤

文字のない絵本です。

物語を想像して、自分の好きなように想像を膨らませることが出来ます

とても鮮明な赤ですが、赤い風船かいろんな形に変化していきます。

赤い風船の行方がとても気になってどんどん惹かれていきました。

シンプルですが、開くつどに想像が広がって素敵な絵本だと思いました
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…

イエラ・マリさんのその他の作品

にわとり と たまご / と おもったら...... / まるい まあるい / まあるい まあるい / 木のうた / りんごとちょう



『プルバックでゴー!』しかけ絵本専門店「メッゲンドルファー」 嵐田一平さんインタビュー

あかい ふうせん

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット