雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…
2018年の絵本キャラクターカレンダー大集合!「ぐりとぐら」「バムとケロ」「はらぺこあおむし」ほか
おばあちゃん、ぼしゅう中!
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おばあちゃん、ぼしゅう中!

  • 児童書
作: アーニャ・トゥッカーマン
絵: 高橋由為子
訳: 齋藤尚子
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,700 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「おばあちゃん、ぼしゅう中!」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年02月
ISBN: 9784198626914

小学校中・高学年から
A5判・320ページ

出版社からの紹介

シュテフィは10歳の女の子。ママと二人暮らしなので、いつも放課後はおるすばんです。おばあちゃんがいたらいいのにな…。そうだ、「おばあちゃん、ぼしゅう中!」という広告を新聞に載せよう! そして、広告を見て申しこんできた四人のおばあさんに、次々に会ってみましたが…? 子どもたちが活発に動きまわる姿が魅力的な、ドイツの児童文学。小学生の気持ちが、生き生きととらえられた一冊。

ベストレビュー

おばあちゃんがほしい!

新聞で募集をしたものの、応募してきた四人のおばあさんの中から一人だけ選ぶことができないシュテフィ。一週目は、おばあさんたちに尋ねてきてもらい、二週目はシュテフィがそれぞれのおばあさんの家に遊びに行きました。それでも一人に選ぶこともできず、毎日おばあさんたちと時間を過ごすことにも疲れてしまいます。

まず、新聞で一緒に遊んでくれたり、お菓子を作ってくれるおばあさんを見つけるために、新聞広告を利用するところがすごいですね。思いついても実行するには躊躇してしまいそうですが、それをやってしまうのがシュテフィの良いところですね。

応募してきたおばあさんたちも、みな個性的な人でした。
きっと日本のおばあさんたちだって、会ってみればいろいろ楽しい人がいるに違いないと思います。おばあさんがいない子や近くに住んでいないいない子たちが、おばあさんたちと交流する場や機会があると良いのになあと思います。(私も、田舎が遠く、祖父や祖母に会う機会はほとんどありませんでした。)

疲れたシュテフィを助けてくれたのは、友だちでした。やっぱり友だちは頼りになりますね、大切にしなくっちゃ。
シュテフィの恋の行方も気になります。

子どもたちの元気さがあふれる楽しいお話です。
小学校中学年くらいから読むのが適当かと思います。
(はしのさん 40代・パパ 男の子14歳、女の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


高橋由為子さんのその他の作品

赤ちゃんは魔女 / 紙芝居 おうちでレストラン / うまいぞ!料理人 / アレックスとゆうれいたち / セイリの味方スーパームーン−生理なんでもハンドブック / 紙芝居 おれさまは、カジノモト!(火災・家の中での注意)

齋藤尚子さんのその他の作品

フランチスカとくまのアントン / もっと!そばかすイェシ / こいぬのジョリーとあそぼうよ / うちのおばあちゃん / クルリン



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

おばあちゃん、ぼしゅう中!

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット