サンタクロースのはるやすみ サンタクロースのはるやすみ サンタクロースのはるやすみの試し読みができます!
文・絵: ロジャー・デュボアザン 訳: 小宮 由  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
クリスマスじゃなくてもサンタクロースは大活躍!
【フェア開催中!】みんなおめでとう!入園、入学、進級の季節がやってきました♪
福音館文庫 銀のほのおの国
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

福音館文庫 銀のほのおの国

作: 神沢 利子
絵: 堀内 誠一
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥750 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2003年10月
ISBN: 9784834006452

38417X13cm・384ページ

出版社からの紹介

甦ったトナカイの首領、はやてを追って、たかしとゆうこの旅は始まった。そして、動物たちの国の壮絶な戦いに立ち会うことになる。(S-22)

ベストレビュー

命とは、生きていくとは

素晴らしいっ!ぜひ子供に、子供の間に読んで欲しい!
正直言って、パノラマが広がるほどお話の中にどっぷりハマって読めたわけではありません。子供向けかと思われる箇所もあり、なんとなく読みづらかったのは事実です。
しかし!!!
自然の営み、命の尊さ、食物連鎖というテーマがこんなに突き刺さった作品は初めてです。アニメやマンガなど、他のメディアの追従をも許しません。もう心の臓にグサリと刺さる作者の「命とは?」という問い。
日本にもこんな鋭利な素晴らしいファンタジーがあったのかと誇らしく思いました。
逆に言うと日本離れしています。少し『ナルニアの国物語』に似ているかな。

私たち母親世代が子供の頃は、生き様を垣間見るような、厳しく泣けるような動物ものが多かった。平気で死体を描いてあったり。
けれども昨今の子供向けメディアからは、そういう”必要な残虐シーン”が抜け落ちている気がします。チャンバラで戦った末の死とは違う・・・生きるための殺しというのがどういうものか、肌で感じられる作品となっています。
グロいシーンはありませんが、それでも”命の痛み”を感じられます。文才ですかね。
私が子供の頃読んでいたなら、ずっと忘れられなかっただろう作品です。

しかし普通の小3が、飢えをしのぐためとはいえ、死んでたライチョウを解体して食べられるだろうか。
今時のサラリーマン家族の子には無理でしょう。私もようしません。
田舎の人から見たら、生命力のないもやしっ子かもしれないなぁ。
(てぃんくてぃんくさん 40代・せんせい 女の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


神沢 利子さんのその他の作品

うすむらさきの花の下は? / くろねこトミイ / おばあさんのひっこし / やさいのともだち / しあわせなワニくん かんちがい レストラン / しあわせなワニくん あべこべの1日

堀内 誠一さんのその他の作品

ぼくの絵本美術館 / 新装版 はんぶんのおんどり / おにまるのヘリコプター <復刊傑作幼児絵本シリーズ 13> / ほんとうのおにごっこ / へんな どうぶつえん / おしろが あぶない



おそろしくも愉快な『カレー地獄旅行」!「ひげラク商店」安楽雅志さんインタビュー

福音館文庫 銀のほのおの国

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

ママの声 1人

ママの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット