話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
つきをなくしたクマくん

つきをなくしたクマくん(文溪堂)

谷口智則さん最新刊!つきをなくした二人の物語

ビーバー族のしるし

ビーバー族のしるし

  • 児童書
作: エリザベス・ジョージ・スピア
絵: 沢田としき
訳: こだま ともこ
出版社: あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,650

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2009年02月
ISBN: 9784751522110

小学校高学年〜
四六判・248頁

出版社からの紹介

文字の読み方を教えるかわりに、マットがインディアンの少年から学んだのは、森で生きるための知恵。そして…。児童歴史読み物の傑作。


ベストレビュー

ぜひ読んでください!!

☆をもう5プラスしたいほどの読み応えのある本です。

これは大人が読んでも感動します。
お子さんと一緒に読んで、色々と語り合ってはいかがでしょう。

開拓時代の話です。白人の少マットは、父親と開拓地で暮らしていますが、父親が母親と妹と赤ちゃんを迎えにいきます。
2ヶ月以上マットは一人で家を守るのです。

泥棒にあったり、クマに食料をダメにされたり、大変な思いをします。
そして、はちに刺されて死に掛けたときに、インディアンの老人に助けられます。
そのお礼として、孫エイティアンに英語を教えてほしいと頼まれます。
同じくらいの年の男の子です。

2人はお互いに相手を好きではなく、特にエイティアンはマットに対して、(白人に対して)敵意を持っていました。
それは理由が合ったのですが、マットは知るのは先のことです。

2人の関係が徐々に良くなっていく過程が面白いのです。
少年二人の心の動きが素敵なんです。
あることがきっかけでぐっと2人の距離が縮まります。

エイティアンは大人の仲間入りをする儀式をして、大人と一緒に狩りに出ることになります。
もうここには帰って来ないのです。
父親がなかなか帰ってこないことを心配して、エイティアンの祖父がマットに一緒にいこうといいますが、
マットは父親との約束で、家を守るといいます。

エイティアンの成長に刺激されたのではないでしょうか。
そして、帰って来る家族のために、自分で考えて色々と準備をします。
そのシーンも淡々としていて感動します。
マットもエイティアンに負けないくらい成長しました。

マットとエイティアンの友情がどう強まったのか。
マットがインディアンの家族にどう受け入れられたか。
じっくりと読んでもらいたいです。

マットが家族を思う気持ちに涙が止まりませんでした。
読み終わって清々しい気持ちになれます。
(おるがんさん 40代・ママ 女の子、男の子)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ



絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 外国文学小説 > ビーバー族のしるし

ゾロリと3つの試練に挑んでプログラミング思考を育てよう

ビーバー族のしるし

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット